著者:SA

呼吸を見る
緻密、狡猾。 壮大な物語がこの作品にはあり、色々なテーマを見出だす気がして、答えは恐らく一つではない。レビューを書いてみたが、陳腐な言葉では綴れない。 レビュータイトル通り、ここには登場人物の呼吸、湿度、生々しさ、リズムを読み手側が読み取れる気がします。それら全てを纏める作者様の呼吸すら感じるようで、 と延べてみましたが面白いんです。面白いの一言ではなく、もっと胸に残る。読みながら生きている心地がした。そんな作品です。出会えてよかった!
2018/07/12 08:31:00