お洒落な作風と、裏社会ではあるが、明るく活き活きとした登場人物が魅力(コメント欄へ続く)
【全ての始まりは】 物語は、主人公が初めて日本に降りたったところから始まり、その経緯が語られる。あるマフィアの幹部がファミリーを抜けようし、殺害された一年後、主人公の元へさる宛先不明な一通の手紙が届く。中には謎の暗号と思えるものが記載されていたのだった。主人公を突き動かした、人物とは一体…?彼を待ち受けているものとは? 謎が散りばめられており、詳しく説明されている部分と謎の部分があるため、読み手は”一体何が起きるのだろう?”と、ハラハラドキドキする。というのも、冒頭の”産まれたばかり”の謎について、今後明かされていくと考えられるからだ。 【お洒落な作風】 お洒落さを感じるのは、区切り方が独特だからだろうと思われる。(ページの切り方)余韻を残したまま、次のページへ行く。この区切り方は、誰にでも出来るものではない。大抵の人が、文字数で区切るか、章で区切るためこのような余韻を持たせることはとても難しい。仮に真似をしようとしても、感性のなせる業なので、真似することは出来ないであろう。 【彼に待ち受けるもの】 不思議なバランスの世界観。一般人にとっては非現実世界を主体として物語は構築されているのだが、主人公は現実主義。ちょっと変わった仕事をさせられることになるのだが、その内容が”ええッ!”と思うようなことである。しかしながら”金を稼がなければ生きてはいけない”という彼の現実的な言葉から、物語はリアリティを帯び始める。彼らにとって、そこは確実に、今生きている現実世界なのだ。 【リアリティの在り方】 彼が日本人と似ているが、日本は初めてであるという事に対して、どうリアリティを持たせていくのか。そこは、物語の上で、大切なところでもある。これについてはとてもユニークだ。日本人が日本を舞台に物語を書くとき、文化の違いを常に念頭にいれて書くというのは難しい。言われてみれば、日本独特だ、と気づかされることの方が多いのではないだろうか? 靴をいつ脱ぐのか? という主人公と登場人物とのやり取りは、かなり面白い。それはいくら何でも脱ぐだろう? と思えることが訊かれており、その感覚が日本人であると気づかされる。通常当たり前だと思いながら暮らしていることは、外から見れば質問に値すること、という事だ。