1 / 8

第1話

 朝が目が覚めて、いつもと変わらぬ調子で台所に立つ背中に声をかけた。するとそいつもいつもと変わらない様子で振り返って、「おはようございます」と笑みを浮かべる。  別段なにかが違うような雰囲気は微塵もなかったのに、朝食を食べ終えていざ仕事へ向かおうと立ち上がったら、満面の笑みで弁当袋を差し出された。 「なにこれ」 「なにって、お弁当です」 「なんで?」  普段はコンビニ飯か社食で済ませている。弁当なんて手間がかかるものは作らなくていいと言ってあるはずだ。しかし俺の問いかけに目の前の男はなにやらニヤニヤとしていた。  普段からふやけた顔をしているが、いまはその三倍くらい腑抜けた面をしている。その笑みが怪しくて、思わず弁当をダイニングテーブルの上に広げてしまった。  ご飯はのり弁。唐揚げに、ブロッコリーにプチトマト。それに卵、焼きと、ハンバーグ。 「お前、こういうことするならいらねぇ!」  キッと怒りを込めて睨み上げた俺にへらりとした笑みが返される。その顔はまったく悪びれたところがない。こんな弁当を誰かに見られたら、絶対からかわれる。ハート型に組み合わせた卵焼きに、ハート型のハンバーグ。ご丁寧に載せてあるチーズまでハート型だ。 「ハッピーバレンタイン、だよ、水地(みずち)先輩」 「バレンタイン?」 「日頃の愛を込めて」 「あんなのは女子供が騒ぐイベントだ」 「なに言ってんですか、愛する人に愛を伝える日ですよ」  目をぱちくりさせた男は身を屈めると、ムッと顔をしかめる俺の眉間に唇を寄せる。そして調子に乗って口元にまで触れてきた。俺はすかさず目前に近づいた顔を両手で押し離す。 「先輩からなにがもらえるか楽しみだなぁ」 「なんで俺が!」 「せめて日頃の感謝を込めてくださいよ」 「うっ、それは」  一緒に暮らし初めて十ヶ月くらい。掃除洗濯、朝晩の食事、すべてこの男がまかなっている。基本俺はずぼらで、洗濯は着るものがなくなったら、掃除はほこりがたまったら。飯はコンビニ惣菜。見るに見かねたこいつが一緒に暮らしましょうと言い出した。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!