66 / 74

命の選択⑭

「颯太。どこ行ってたんだよ?」 「役所と着替え取りにと会社に電話」 「そう」 「具合悪くない?」 「大丈夫だって。颯太は心配しすぎ」 「顔色悪いし横になってなよ?」 颯太は俺の手を握りながら頭を撫でてくる。 ホントは横になっている方がいい。 でも。 今は……。 「起きてる方が楽?」 「うん」 違う。 ホントは颯太の体温を感じていたいだけ。 「傷痛まない?」 「起きてる方がいいから」 傷はかなり痛い。 でも颯太にくっついていたいから。 「颯太夜帰る?」 「帰らないよ」 颯太はそう言った。 帰って欲しくなかった。 ずっとそばにいて欲しかった。 颯太の心臓の音聞いているとだんだんと眠気が……。 ******* 次、目を覚ますと颯太の親父さんがいた。 「颯太は?」 「颯太は夕飯食いに下に行った」 「由貴くん。起きておくなら抱っこしようか?」 いや。 颯太以外にされたくないし。 「いいです」 「遠慮することない」 「いや、遠慮とかじゃなくて」 颯太の親父さんは無理やりだきあげてきた。 そこへ。 運悪く颯太が戻ってきた。 「ただいまって何してんの?」 「何って起きてる方が楽らしいからな。なのに遠慮して」 「ホントに大丈夫だから」 「由貴くんに触らないでくれます?」 そう言いながら颯太は抱き上げてきた。 「ちょっと熱あるよ?看護師呼ぶ?」 このくらい平気だし。 なんともないから。 「大丈夫だから」 「大丈夫って言ってもな」 「さっき唯川って看護師さんが来てたぞ。これ預かった」 莉音先輩が俺の担当の看護師になったってさっき言いにきてたな。 颯太は莉音先輩が渡していた手紙を受け取るとメールしていた。 「私は帰るから。そこのバカ息子が盛ってきたら遠慮なく張り倒していいからな」 「そんなことしないって」 莉音先輩と入れ替わりで颯太の親父さんは帰っていった。 「由貴くん。橘なんかにくっついてないで寝とかないと。熱あるわよ?」 「でも……」 「添い寝しようか?」 「橘!」 「由貴くん。寂しいんでしょ?」 俺が答えないでいると。 颯太は布団に入り込んできた。 「はぁ。橘、由貴くんの管とか点滴とか外れないようにしなさいよ?」 添い寝してもらうのは嫌じゃない。 ただ。 恥ずかしいだけで。 「由貴くん。もう寝ようか?」 体がダルいから颯太の言うとおりに寝た。

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

生徒会長に目をつけられます。
...39
22話 / 6,023文字 / 104
2017/6/26 更新
完結
Clearness
精神科のデイケアで出会った患者と絵の講師。
...55
11話 / 85,749文字 / 183
2018/6/29 更新
連載中
桜と葵
敵国に捕まってしまった魏桜。仲間を殺された憎しみを抱きながらも敵国の大将に無理矢理抱かれて
1話 / 1,194文字 / 0
2018/6/17 更新
ふたりで飲んだエスプレッソ。
...12
1話 / 1,005文字 / 20
3/30 更新
...500
9話 / 13,293文字 / 817
9/14 更新
冥界創世から二年後。魔王ハウストと王妃ブレイラ、成長した二人の子どもの日常です。
...2,631
47話 / 74,880文字 / 1,430
1時間前 更新