41 / 51

第41話

 出方が射精っぽくないけど、俺、まさか、イッちゃってた……? 「一回奥まで入れただけでイクとか……マコトがエロすぎて我慢できない……っ」  ミーシャが舌舐めずりをしながら腰を揺らして、お尻の中のムズムズする部分を更に突き上げてくる。 「はああ……っ、なかっ、へんっ、あ、うっ」 「あー、マコトの中気持ちよすぎて無理だ……また出る、出すからな……っ」 「で、出るって、嘘、俺のナカに……っ、ん……っ」  また唇を重ねられ、ヌルヌル舌を擦り合わせながら一方的な激しい腰使いで擦られて、勝手にお尻の穴がギュウッ、ギュッと強く締まる。  その分、ミーシャの勃起してるもののわななきも、益々太くなったことも、イク寸前の痙攣も、全部俺の内側にダイレクトに伝わって……俺は女の子じゃないけど、ソコで好きな人の一番大事な場所と溶け合えている事実にむせび泣きそうになった。  ミーシャが俺のこんなところで夢中になって、気持ちよくなってくれてるのが嬉しい……。 「……くぅ……っ、マコト……っ」  名前を呼ばれながら、ついに、お尻の穴の中にあったかい精液が沢山溢れる。  出してもらえたそれを絶対に零さないように、意識的に穴を締め付けていたら手のひらでお尻の肉をゆっくりと撫でられた。 「っは……マコト……締め過ぎ……」  指摘されてはっと力を抜く。  でも、そうすると、結合してる所からタラァっと汁が垂れてくる感覚が伝わってきて。 「こぼれる……っ」  涙目で首を振る。 「クソっ、可愛いこと言って……っ。まだいっぱい出すから、力抜け」  その言葉にヒッとなった。  そういえば、まだ俺の中はギチギチに拡げられてる感覚があって……二回も出してるのになんで全然、萎えてないんだ……!?  こ、心の若さ……!?  涙目で戸惑ってる俺の下半身に、ミーシャが、さっきよりも少しゆるいストロークで腰を打ち付け始める。 「ウッん、あっ、はっ、んンっ」  突かれる度に、奥の方でグポッ、グポッと下品な音がして、俺の中が彼の精液まみれにされているのが伝わった。  苦しいのにそれが恥ずかしくて気持ちよくて、片脚を掴まれてる不自由な体勢なのに、腰を揺らすのが止められない。  滑りのよくなった肉の交わる音の中で喘いでいると、低い声が俺に囁いた。 「もう自分から俺に絡みついてきて、さっきまで処女だったのにエロい尻だな……」 「!? そ、そんなことない……っ」 「ふうん? じゃあ、一回抜いてみるか」 「ん、え……っ?」  脚が解放され、戸惑う俺の尻から太い怒張がずるりと引き抜かれる。 「あ、ア……」  ペニスを抜かれても、俺の穴は閉じ切らずに精液を垂れ流してヒクヒク痙攣して、入っていないことへの違和感が凄い。  なんだか、ミーシャのカタチを覚えこまされてるような、そんな気さえする……。  体温が離れてしまって、寂しくて堪らない。  女の子みたいに犯される側のセックスを知って、俺の身体、もう戻れないほどに変えられてしまったんだと悟った。……心も。 「マコト、もう一度欲しい?」  訊かれて、首を振った。 「……もう、無理……っ、こんなのもうっ、」  無理だ。こんな、気持ちよくて、幸せで、残酷なほど癖になることは――。 「そうか……じゃあ、こっちにその尻向けろ」  泣きじゃくりながら四つん這いになるような格好でミーシャに背中を向けると、腰を引き寄せるように高い位置に持ち上げられた。 「ほら、マコトの穴――俺に懐いてるだろ……」  亀頭の先をクチョクチョ襞に出し入れされて、そこがヒクヒクするのが止められない。 「っひっ……! 俺っ、無理って言っ……っ!」 「……ン? 無理なんだろ、中まで全部入れるのが……」  後ろから首すじや背中に強く吸い付くキスをされながら、突き出したお尻の穴にごく浅く入れたり出したりされる。 「そういう意味じゃな……ぁはぁ、……中……っ、」 「ナカ? 何をどうされたいか言え、マコト」  追い詰められ、焦れて訳が分からなくなってた俺は、泣きながらついにとんでもないことを口にしてしまった。 「……中に……うぅっ、き、きて……」  途端、今度はさっきよりも深いところまでズドンと突かれて、うひいっという間抜けな悲鳴が出た。 「ふっ、深ぁっ……!?」 「後ろからだと奥まで突きやすいな……マコト、さっきこぼすの嫌がってただろ? この可愛い尻で全部飲めるように、一番奥に出してやる……」  耳元で囁かれながら、ズクッ、ズクッと亀頭で俺の一番奥の締まってた肉が、押されて少しずつ奥まで開いてゆく。 「んやっ、あっ、そんなとこまでっ、入れないでっ、あああっ」  お尻の穴の奥の奥までこじ開けられて、鈍い痛みと、それ以上の快感に襲われ、ちんぽの先から淫らな体液がひとりでに溢れ出て、むせび泣きが止まらない。 「あぁ、ここ気持ちいい……凄い吸い付いてくる、堪らない、マコトっ」  亀頭をグジュグジュそこにねじ込まれて責められる内に、俺の身体は射精してないのに行き過ぎた絶頂で痙攣し始めていた。 「あぅうっ! 変っ、ひっ、お尻きもちいっ、あっ!」 「すごく締まってる……っ、マコトずっとイッてる?」  お腹の上、お臍のすぐ左下の入ってる所を確かめるみたいに強めに撫でられて、それにすら強い快感が走ってまた叫び声を上げながらイキ果ててしまう。 「あーっ! 触らな……っ! ダメっ、いぐっ……っ!」 「あはは、マコト、おかしくなっちゃってるな……そんなに俺のチンポいいのか? ハマった?」  コクコクと頷くと、ミーシャの手が後ろから俺を抱きしめて、腰を打ちつけながら乳首を捏ね始めた。  奥を責められながらそれをされるともう、身体中に電流が走ってるみたいになり、下半身がヘナヘナになってしまう。 「もっ、無理ぃ……っ、お尻に気持ちいいのきてるっ、まだ変になってるからっそれ、許して……っ」 「マコトがこのやらしいオッパイでイッてるとこも見たい」  グニィっと乳首を指先で潰されながら奥をかき混ぜられ、甲高い悲鳴のような喘ぎ声と一緒に、経験したことのない快感に放り出される。  触ってもらえないチンポをシーツに擦り付けながら半狂乱で絶頂し、お尻の中全部でミーシャを思い切り締め付けると、奥の無理やり開かれた所にドプドプとまた精液を流し込まれて、淫らなため息が漏れた。 「あ、ふぁ……あぁ……」  気持ちいい。自分で擦って出すのなんて比較にならないくらい……。  生きてて、こんな気持ちいい事があったなんて、知りたくなかった。  身体をうつ伏せにシーツに投げ出していると、全身の筋肉がおかしくなっちゃってるみたいにピクピクしていた。  でも、俺の中のミーシャはまだ硬く太く、トロトロになった俺のお尻の中を遊ぶように擦っている。 「……っひ、……ン……っ、もっ、俺無理……っ」  泣き言を言う俺のお尻の奥をまたイジめながら、ミーシャがふっと笑った気配がした。 「――まだ、許さない。マコトが俺にハマって、俺から離れられなくなるまでする……」  もう、心も体も全部、ハマってるのに。  だから困るのに……。 「好きだよ、マコト……」  蜜のように甘く囁かれながらまた、長い夜が始まった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

イケメンハーレム×平凡。ある日突然、幼馴染三人に告白された平凡くんの苦悩。
1,991リアクション
41話 / 35,059文字 / 1,035
2018/11/6 更新
あの満月が欲しかった。 切り裂いてでも、オレの物にしたかった。
182リアクション
20話 / 25,835文字 / 80
9/3 更新
抜けてる愛されリーマンにloveの警報鳴り響く。
20リアクション
17話 / 35,084文字 / 48
3/8 更新
『団地妻アンソロ』はじめました♡エロい本目指してます
1,047リアクション
9話 / 14,611文字 / 1,361
2/11 更新
ゆうずい邸からしずい邸の男娼に転身したツユクサ…全てはあの男のため
402リアクション
9話 / 13,342文字 / 711
10/3 更新
4リアクション
1話 / 3,886文字 / 54
10/11 更新