20 / 885

朝帰り

次の日、他のΩの甘ったるい匂いをさせて、夏陽は朝、帰ってきた。 そんな…………! …………浮気。 浮気された………… 愕然とする。 αが浮気をするのは、特に珍しい事じゃない。 番をたくさん作るαも多い。 でも、どこかで夏陽を信じてた。 …………自分だけを大切に思ってくれるんじゃないかと。 夏陽には俺だけじゃない…… …………特別でも、なんでもなかった。 同時に気付いてしまった。 ………………それでも。 こんな扱いを受けても、夏陽が好き。 別れたくない…… 浮気を見ても、好きって……なんだよ…… いつの間にか、夏陽は自分の中で大きな存在になってた。 どうしよう…… 浮気されても、側にいたいなんて………… その日、久し振りに、朝から夏陽に抱かれた。 俺が浮気に気付いてる事を知ってるのか、知らないのか、 優しく優しく抱かれて、涙が出そうだった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

「おにーさん、オレのこと買わない?」
775リアクション
191話 / 65,780文字 / 317
2017/8/24 更新
完結
反魂香
もし、亡くなった人が焚き染める香の煙の中に現れるように、蘇ることがあったら
1,196リアクション
193話 / 152,463文字 / 386
2018/7/4 更新
節分の日の一日
37リアクション
4話 / 1,644文字 / 86
2018/2/3 更新
中性的で可愛い男子高校生と学校の体育教師の話です。R-18
248リアクション
51話 / 29,692文字 / 431
2018/6/2 更新
完結
switch
『Subなんて、所詮Domのオモチャだと思ってた』美形×平凡/Dom/Subユニバース
2,019リアクション
47話 / 57,585文字 / 1,537
8/12 更新
転校生×口悪い高校生
3リアクション
8話 / 7,572文字 / 20
2018/11/11 更新