20 / 1181

朝帰り

次の日、他のΩの甘ったるい匂いをさせて、夏陽は朝、帰ってきた。 そんな…………! …………浮気。 浮気された………… 愕然とする。 αが浮気をするのは、特に珍しい事じゃない。 番をたくさん作るαも多い。 でも、どこかで夏陽を信じてた。 …………自分だけを大切に思ってくれるんじゃないかと。 夏陽には俺だけじゃない…… …………特別でも、なんでもなかった。 同時に気付いてしまった。 ………………それでも。 こんな扱いを受けても、夏陽が好き。 別れたくない…… 浮気を見ても、好きって……なんだよ…… いつの間にか、夏陽は自分の中で大きな存在になってた。 どうしよう…… 浮気されても、側にいたいなんて………… その日、久し振りに、朝から夏陽に抱かれた。 俺が浮気に気付いてる事を知ってるのか、知らないのか、 優しく優しく抱かれて、涙が出そうだった。

書籍の購入

ともだちにシェアしよう!