45 / 885

出会い

ナオト君と初めて会ったのは、仕事に行く前、立ち寄ったコンビニ。 甘い匂い……! Ωがいるのか……? コンビニで気付いた甘い香り。 他には誰も気が付いてなさそうだけど………… パッと見た感じ、Ωっぽい子はいない。 レジに近づくと、甘い香りが強くなった。 この店員さん……? そこそこ、高い身長の男。 175cmはあるな………… 歳は2、3才下くらい? 確かに彼から甘い匂いがする。 Ωっていうと少し、儚げな小さいイメージ。 明るくハキハキと客の対応をする店員さんはβにしか見えない。 お茶をレジに出して、金を払う。 「ありがとうございました」 店員さんがニコッと笑った。 社交辞令…… …………っていうか、店員が客に向ける営業スマイル。 ………………何、この子。 笑った顔、すげー可愛い………… 誰かの笑顔にキュンとするのは久しぶり。 俺は店員さんに会いたくて、そのコンビニに頻繁に通った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

神様がくれた最後の夏の幻。俺は一生忘れない。
15リアクション
70話 / 56,128文字 / 0
2017/5/20 更新
R18/優等生×ヤンキー/フェチ/無理矢理/不良受け
77リアクション
3話 / 8,986文字 / 541
2018/7/29 更新
連載中
サリエル
サリエル×リーマン
17リアクション
4話 / 4,125文字 / 60
6/18 更新
人見御供となった少年。神様は獣人だった。
52リアクション
8話 / 13,305文字 / 104
9/6 更新
雨の降らない枯れた村。雨ごいの儀式とは・・
720リアクション
95話 / 37,824文字 / 172
11/8 更新
夢で良かった。夢が、よかった。たとえ悪夢だとしても。年下攻め。不憫な兄受け。
38リアクション
17話 / 8,290文字 / 0
10/20 更新