18 / 26

第18話

嶋くんは俺の身体の至る所を噛んだり吸ったりした。 その間も手は動かしていて、俺はあちこちじんじんするなぁと思いながら自然と腰を浮かせていた。 「うッ ……んぁ……」 ちょっとだけ、なんかいつも俺が1人でやるのと似てる感覚がクる。 すると嶋くんは太ももの裏をちょっと舐めた後、そこもガジッと噛んだ。 「ふっ……アンタ、血だらけ……、綺麗」 そんな事を嬉しそうに言う。 「蕩けた顔して、そんなにこれが良いの?」 嶋くんはそう言いながら陰茎を擦る手を早めてくる。 「……ぅあ……ッ んッ はぁ」 俺はカチャッと手錠を鳴らしながら歯の奥を噛み締めた。 「そんな噛み締めちゃイイ声出ねぇだろ」 自然と肩をこわばらせていた俺に、唇を寄せてきてまた舌を入れてくる。 「んッ ……ふぁ……んん……ぁ」 俺はキスの感覚と早くなる手に混乱しながら、再び淡く腰を浮かせた。 「ん……、イケよ」 嶋くんがそれを耳元で呟いたのと同時に、俺は果てた。 「まだ、終わんねぇから」 「う゛……」 うつ伏せに寝かせられ、腰を持ち上げられる。 「ん゛ぁ゛」 普段誰にも見られることのない秘部を無理矢理こじ開けられる。 排泄時しかつかわれてこなかった俺のソコは、ぎちぎちと悲鳴を上げ、俺もあまりの痛さに体ビクッと反応し冷や汗が出てくる。 「し、まく……、いたい……っ」 必死に紡がれた声は空しく、秘部が裂ける感覚とツーッと液体が垂れるのを感じた。 「お゛ぇ゛……っ、しまく゛っ」 吐き気が強まり、えづきながら耐えていた。 けど、 「綺麗」 ボソッと呟かれた声に、もう、どうでもいいと思ってしまった。 何でもいい。 好きにすればいい。 どうせ俺は何にも思わないのだから。 俺は荒々しく抱かれ、息が苦しくなる。 自分のモノは最早勃っていないと思う。 だってもう快感なんてない。 痛みしか感じられなかった。 揺さぶられ、欲望に憑りつかれた男の欲の捌け口。 気づけば俺は、気を失っていた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!