2 / 16

第2話 初日

「おはようございます」  若干、緊張しながら事務所に足を踏み入れた。どうせホテルの制服に着替えるのだからスーツじゃなくていいと言われ、ラフな格好で来たが、本当に良かっただろうか。並んだデスクの奥で、千尋がひらひらと手を降っている。 「見て見て、みんな! 若い子だよー! 労働力が入ってきたよー! ガンガン力仕事やってもらってね」  律がぺこりと頭を下げると、デスクに座っていた面々から割れんばかりの拍手が起こった。ラブホテルの従業員とやらをどんな人種が行っているのか見当もつかなかったが、蓋を開けてみれば人の良さそうなパートのおばさんたちだ。 「あれ、ていうかリュウは?」 「寝坊じゃないですかぁ? あの子昨日、飲みに行くって言ってましたよ」 「えー、しょうがないなぁ」  仕事を寝坊ですっぽかす人間を「しょうがない」で済ませてしまうのは、いかがなものか。眉間に力が入った律を見て、なぜか千尋が言い訳めいた発言をする。 「普段は案外真面目なんだけどね。時々、やらかすんだよ、アイツは」 「はあ、そうですか」  としか、返しようがない。 「ライオンみたいな奴で、見たらすぐわかるよ。……んー、どうしようかな、リュウに案内させようと思ってたんだけどなー。奈々ちゃんはいるんだっけ?」 「奈々ちゃんは、今日来ませーん」 「あー、そう」  Tシャツにチノパンという昨日よりは比較的まともな格好をした千尋が、ぽりぽりと頭の裏をかく。 「よし、じゃあ俺が案内するよ。おいで、りっちゃん」  律は「はい」と返事をして、先を歩いている千尋の後を追った。りっちゃん、と呼ばれることに対して大いに不満があったが、何も言わずに足を進める。  他のラブホの求人と比べてみても、ここの待遇は別格だ。福利厚生はしっかりしているし、せっかく就職先が見つかったのだから、しばらくは大人しくしているつもりだった。 「全部で40部屋。タイプは色々、キレイ系とかプール付きとか、SM部屋ね。んで、気をつけて欲しいのが、お客様と顔を合わせないようにすること」 「……それは他のラブホでも同じように行われているんですか?」 「んー、どうだろ。だいたいはそうだと思うけど、でも実際は俺のこだわりだよ。今からセックスすんぞぉって気合い入れて来てんのに、従業員と会いたくないじゃん」  ホテルという名が付くのは同じだが、前職のフロント業務に比べるとまったく別のものだとわかる。王国ホテルで客に鉢合わないようにこそこそしていたら、大クレームものだ。 「バックヤードにモニターあるから、一応確認してから廊下に出て」 「はい」 「清掃の仕方はわかる? あ、フロントだっけ」 「以前、研修を受けたので、基本的なことはわかります」 「さすがー、いいね」  千尋は持っていたマスターキーで、近くの部屋の扉を開けた。おいでおいでと手をこまねいて、少年みたいににんまりと笑っている。 「さぁて、やろうか」  部屋の中に入ってから、すぐに律は眉根を寄せた。強く漂ってくる性の匂い。シーツにはコンドームが散乱し、愛液とも精子ともわからないものがべったりとくっついていた。王国ホテルでもこれだけぐちゃぐちゃになった部屋は見たことがない。  律が眉を顰めると、千尋はベッドの脇にいくつも転がっていたバイブを手に取って、眉尻を下げた。 「あ、びっくりした? 今日はまだ良い方だよ。ひどい時にはぜーんぶ血まみれのときもあるね」 「……そうですか」 「キツイ? こんなんなら、前の仕事のほうが良かった?」 「……いえ」 「ここに来ちゃえばさ、どんな高尚な人間もヤることはひとつなわけ。誰も見てない。何をしてもいい。みんな自由だ」  千尋の瞳の虹彩がつけっぱなしの虹色のライトを反射してピカピカと光る。これ以上、密室で見つめ合っていたら酔っぱらいそうだ。 「良かったら、りっちゃんも彼女連れて来るといいよ。人気ナンバーワンのプラネタリウムの部屋で口説いたら一発だって」  何気ない彼の一言に一瞬で現実へ引き戻される。律は甘ったるい千尋の笑顔から、ゆっくりと顔をそむけた。 「女に興味ないんで」 「えー、もったいないな」  むしろ、男にしか興味がないが、正直に言うほどばかではない。 「よしっ、じゃあまずはシーツからやろうか」  隣にいる千尋の体から甘くてほろ苦い煙草の匂いがする。鈍い心臓の痛みを感じながら、律は乱れたシーツをベッドから一気に引き抜いた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ノンケ普通上司×ノンケ美人部下。
72リアクション
20話 / 28,712文字 / 92
8/16 更新
人狼が、狼犬としてペットモデルをするお仕事ML
33リアクション
10話 / 16,963文字 / 133
8/24 更新
猪突猛進な後輩×優柔不断な先輩の真っ直ぐな恋
10話 / 21,364文字 / 0
8/26 更新
職場恋愛絶対無理男が営業部の若手エースと酒の勢いで寝てしまい溺愛される話
291リアクション
15話 / 29,926文字 / 172
9/7 更新
今日も会議室でいつもの遊戯が始まる
2リアクション
6話 / 3,492文字 / 0
9/3 更新
あの時、捨て去っていった筈の親友が、今、再び目の前にいる。
14リアクション
9話 / 29,998文字 / 40
9/11 更新