27 / 103

第27話

「ッ!何この薬……ッ!おい。有なに飲ませた…やめろッ!」 「なに飲まされたかなんて分かるでしょ?ピルだよ〜♪妊娠したら困るもん。じゃ、お楽しみはこれからだから。」 有はそう言って俺のズボンを下げて俺の太腿になにかを打った。 そして、有は俺の服をぬがしながらいつもの笑顔で言った。 「あ、匂い変わった。玲音くん発情期誘発剤って知ってる?」 まさか。有、俺にそれを……ッ! 身体がやけるほど熱い。後孔が昨日の比じゃないくらい疼く。 昨日の発情期は一時的なもので1日で治まったけど、これめちゃくちゃきついやつだろ…。 「ゆっうぅ!…めろ、やぁ…めろ!触んな!」 俺の必死の抵抗も全く有は聞かない。 それどころか、αの発情ラットを起こしかけている。 αが発情してしまえば俺はもう、どうにも出来ない。 「かわいい…。ねぇ、もっと乱れてよ。 俺のために鳴いて。俺だけの玲音くんになってよ。」 だめだ。全く俺の抵抗が聞こえてない…。 ⚠次のページから無理やりな表現が入ります。 苦手な方はページを飛ばすことを推奨します。 そして、黒河 有かなりのクズです笑 ほんとに話進むの遅くてごめんなさい(ノД`)

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

運動嫌いな男子高校生と、筋肉自慢の体育教師のお話。ちょっと大人の補習授業……。
8,240リアクション
282話 / 219,002文字 / 1,366
2019/11/11 更新
10/31…年に一度愛しい人に会いに行ける日…
57リアクション
15話 / 8,448文字 / 80
2018/10/16 更新
モテ人生を送ってきた俺。第2の人生は地味に生きる!
3,601リアクション
107話 / 321,129文字 / 1,304
2019/7/26 更新
ノンケの男の子に恋するおはなし
1話 / 402文字 / 0
2019/6/30 更新
すべてを知るアルファ×すべてを忘れたオメガ   運命は再び 交差する
325リアクション
32話 / 34,621文字 / 200
2019/9/12 更新
242リアクション
3話 / 10,363文字 / 0
2019/10/31 更新