21 / 27

第21話

「……はぁッ、だめ……っ、イッちゃ……」 必死で腕にすがりつく俺をじっと見下ろす玲の頬は、薄暗い中でも分かるほど赤く染まっている。それに気づいた瞬間、猛烈な恥ずかしさが襲ってきた。 「……っ、ゃッ、 離してっ……」 「……」 「ゃっ、や、だめぇっ……!」 下着ごとズボンをずり下ろされ、玲の手が直に性器を包み込む。濡れた先端から根元までをぬるりとひと撫でされ、腰がビクンと震えた。 自分以外の手によって与えられる初めての快感に悶えていると、不意にあらぬ部分に玲の指先が触れた。 「……ゃっ、なに……?」 「力を抜け」 「……は?……っゃ、ァっ……──!?」 中指をゆっくりと肛孔に挿し入れたあと、玲は俺を安心させるように、唇に触れるだけのキスを落とした。 「怖いか?」 「……うん……」 「大丈夫だ」 「……っァ……!?」 長くしなやかなその指は、まるで俺の体の隅々まで知り尽くしているかのように、あっという間にいいところを探り当ててしまった。 「……ァっ、……んあぁっ……!」 中で指を折り曲げられて巧みに一箇所を掻かれ、甘い痺れが背中を駆け上がる。すでに痛いほど勃ちあがった性器からはとめどなく蜜が溢れ、クチュクチュと濡れた音が耳を辱める。  気づけばすっかり息を乱して、その指に甘えるように腰をくねらせている自分がいた。 「……凜……」 「……っ?」 「……もう挿れたい……」  吐息混じりの囁き。危ういほどの色気が漂うその眼差しに、鼓動が跳ねあがる。 「……入りたい……お前の中に……」 その声に応えるように逞しい背中に腕を回し、まっすぐに見つめ返す。 この結末がどんなに間違っていようと、きっと俺たちにははじめから他の道などなかった。 「……後悔しないか?」 「する訳ないだろ。……つかさせんな」 他の誰にも許されなくていい。俺はただお前だけに許されたい、愛されたい──。 「ンあぁっ……──!!」 あぁ、やっとだ…… ずっとこうして一つになりたかった。きっと玲がそうしたいと望んだ時から──。

ともだちにシェアしよう!