40 / 68

35

 仕方なく真島の鼻血を服の袖で抑えてやって、鞄からティッシュを探る。  一体俺は何をやってるんだろう。  襲われそうになったと思ったら、鼻血の介抱とか。 「うー…ご、ごめん」  俺に鼻を押さえつけられてるせいで、真島がモゴモゴとくぐもった声で謝る。    全くコイツアホすぎんだろ。  というかどんだけ興奮してんだよ。    怒ろうとしていた気持ちなんかあっさり失せて、俺はティッシュを探り出すとそれを鼻に押し付けてやった。 「わっ、どうしよう。ごめん。服に血ついちゃって…」 「いいからもう喋んな。横にでもなってろ」  ピシャリとそう言ったら、真島は黙っておずおずと横になった。  その頭の下に鞄を差し入れてやる。 「あ、ありがとう。でも俺…」 「だから喋んなって。目閉じて」 「えっ…えっ!?」  寝ろ、って意味で言ったのにぶわっとまた真島の顔が赤くなる。  なんでまた興奮してんだよ。  呆れたように目を細めたら、真島は慌てて今度こそ押し黙るとぎゅっと目を閉じる。  仕方なく落ち着かせるように、その額にそっと手を置いてやった。  真島は最初こそソワソワしていたが、そのうち少しは落ち着いたらしい。  二人共会話をやめれば、特別棟のこの一室は随分薄暗く静かだった。  ただ鳴り止まない雨の音だけが、ざーっと窓の外で響いている。  寝たのかは分からないが、俺はとりあえずずっとそのままの姿勢でいてやった。  何やってんだろう、という自分の行動に対する疑問はあったが、なんとなく真島を放っておくことが出来なかった。 「あの…高瀬く…」 「大丈夫かよ?」 「う、うん。もう平気。…その、ごめんなさい」  どうやらちゃんと冷静になったらしい。  予鈴が鳴って身体を起こした真島は、明らかに俺に対して『ヤバイ』という顔をしていた。  赤くなったり青くなったりと忙しい奴だな。 「…あ、あのっ。さっきは――」 「とりあえず頭冷やせ。俺が言っている意味、分かるよな?」  しっかりと真島の目を見る。  俺の口調は、いつになくマジなトーンだったと思う。  真島は息を呑んで押し黙ったが、だがすぐに青い顔のままコクコクと何度も頷いた。  それを見て俺は立ち上がると、この世の終わりみたいな顔している真島の肩をポンと一度叩く。  だがそれ以上は何も言わず、教室へと足を向けた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

幼馴染みの高校生が自分の性を知らずにお互いを好きになり葛藤するお話
22リアクション
4話 / 6,972文字 / 86
2017/3/29 更新
とある事情から家が隣同士の咲夜と海都は同居することに…実は両想いの二人、どうなっていくのか?
1話 / 1,026文字 / 0
2017/4/7 更新
中性的で可愛い男子高校生と学校の体育教師の話です。R-18
248リアクション
51話 / 29,692文字 / 431
2018/6/2 更新
完結
僕と影
僕は汚れているんだ。だから、あなたの手を取るのが怖い───。
205リアクション
100話 / 97,778文字 / 149
1/26 更新
連載中
秘蜜の味
美しい双子の兄弟に隠された秘密
56リアクション
4話 / 12,249文字 / 156
10/14 更新
連載中
DISASTER
「愛されたい」だなんて、夢物語の絵空事だ。運命だなんて、信じなければよかった。
1話 / 1,008文字 / 40
8/22 更新