2 / 14

【1】

教室に入り、自分の席に座って突っ伏した。 朝って何でこんなにも眠たいのだろうか。 毎朝起こしてくれる友哉は大変だろう。 しかしながら起きられないのだから仕方が無い。 「おはよう、阿川」 その声に顔を上げると、隣りの席に山崎が座っていた。 「おはよう・・・。朝から凛々しいな」 「そうか?」 山崎が眼鏡のブリッジをくいっと上げた。 「そう言えばどうなった?」 「何が?」 「デートしたんだろ?西女の子と」 「ああ・・・それね」 「ああ、すまない。またフラれたんだな」 「またって言うな」 「大丈夫だ。阿川は良い奴だからまた直ぐに彼女が出来る」 「なぁ」 「ん?」 「俺の何処が駄目?」 山崎がじっと俺を見る。 「か・・・」 「おーい!朝から友達を傷付けるなよー。言葉選べー」 「阿川に悪い所なんて無い」 「そういうのも傷付くな」 「じゃあ、どうして欲しいんだ?」 「女の子紹介して」 「すまない。紹介出来る様な女の子の友達が居ない」 「なぁ」 「ん?」 「山崎は何で彼女作らないんだ?」 「今は勉強の邪魔になるからかな」 「本当は男が好きなんじゃねーの?」 「かもな」 山崎がふっと笑った。 こんな「勉学に恋など邪魔だ」みたいなしれっとした顔をしているけど、こういう奴ほど裏で遊びまくっているのだ。 腹立たしい・・・羨ましい。 「あ〜、彼女欲しいなぁ」 「上村(うえむら)に紹介してもらえば良いんじゃないか?上村はモテるだろ?」 「俺に紹介出来る様な女の子は居ないってさ」 「ん?阿川はそんなにマニアックなのか?」 「普通だよ、失礼な」 「まぁ、知らぬは本人ばかりなりと言うがな」 「一回俺とデートする?すっごい楽しいぞ?」 「いや、俺はドノーマルだから」 「俺もじゃい!」 ふっと笑った山崎を睨み付け、また机に突っ伏した。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【R18】ノンケ受けが2人の攻めに愛される お話。ぷぷっと笑えるものを目指してます♪エロいです。
11,628リアクション
690話 / 559,773文字 / 912
9/16 更新
溺レるシリーズ最終弾!あの九流と門倉の弟、ヘタレ王子 渉×兄至上主義の毒舌潔癖王子 咲也の物語
7,894リアクション
158話 / 155,360文字 / 5,968
2018/4/15 更新
【R18】 大嫌いだったはずなのに、気づけば大好きになっていて。夏祭りの夜に二人の恋は加速する。
50リアクション
1話 / 9,999文字 / 167
2017/8/20 更新
『幼馴染みで親友で』のこぼれ話。
4リアクション
7話 / 6,690文字 / 39
2018/2/15 更新
連載中
Flapping
男子高校生の強い絆の物語
4話 / 1,226文字 / 20
2017/10/25 更新
今年入ってきた保険室の先生が気になって仕方ない高校生の話
40リアクション
15話 / 24,425文字 / 0
2018/8/22 更新