75 / 86

第五章・星屑を抱いて4

◆◆◆◆◆◆ 「イスラ、おはようございます。今日も良い天気ですよ」  耳に心地よく響いたのはブレイラの声。  イスラはまだ眠っていたかったけれど、ブレイラにゆさゆさと優しく体を揺すられて重たい瞼を開けた。  逆光に見えたブレイラの顔。朝陽が眩しくてよく見えないけれど、イスラの顔を覗き込むブレイラの口元は笑みを象っている。 「ん……、おはよう、ブレイラ……」 「よく眠っていましたね、目が覚めたら顔を洗ってきなさい。朝食にしましょう」 「わかった」  イスラは大きな欠伸をしながらベッドから降りようとするも、スカッ! 足が宙を空振りする。床に足が届かなかったのだ。 「わっ!」  イスラはびっくりして自分の体を確かめる。  視界に映ったのは、子どもの小さな両手と短い両足。ゼロスと同じくらいの大きさだった。  それだけじゃない、ここは魔界の城ではなかった。見覚えのあるここは、イスラが子どもの頃にブレイラと暮らしていた人間界の山奥の小屋。今のブレイラの格好も魔界の城で着ているような上等な衣装ではなく、貧しい頃に着ていた古着だった。 「ブレイラ、どうしてオレ達はここにいるんだ! どうしてオレはこどもになってるんだ! ハウストとゼロスは!?」  イスラは驚愕してブレイラに詰め寄った。  その勢いにブレイラが目を丸める。 「いきなりどうしたんですか? あなたは最初から子どもでしょう。それに、ハウストとゼロスって誰ですか?」 「えっ?……」 「まったく、寝惚けているんですか? ぼんやりしていないで早く顔を洗って来てください。朝食が冷めてしまいます」  ブレイラはそう言うと、早く顔を洗ってくるようにイスラを促す。  イスラは外の井戸で顔を洗うと、小屋に戻って椅子に座った。  テーブルには硬いパンと具材の入っていないカボチャのスープ。質素な料理だが、イスラは懐かしさを感じていた。魔界の城で用意される朝食はもっと品数も多くて彩も華やかだ。 「……いただきます」 「どうぞ、ゆっくり食べなさい」  正面に座ったブレイラも食事を始める。  イスラは混乱していた。何がなんだか分からない。  でも。……ちらりとブレイラを見ると目が合った。  ブレイラは眩しそうに目を細めてイスラを見つめ、優しい微笑を浮かべる。 「スープのお替わりありますからね」 「う、うん……」  イスラがこくりと頷くと、ブレイラが嬉しそうな顔をした。  最初は疑問ばかりのイスラだったが、二人で食事を進めるうちに楽しい気持ちになっていく。  それは懐かしい生活だった。まだブレイラと二人きりで暮らしていた頃の、二人だけの家族だった頃の、貧しかったけれど全てが幸せだった頃の生活。 「そろそろ山にイノシシが出る季節ですから、気を付けなければいけませんね」 「だいじょうぶだ、オレはつよい」  硬いパンを齧りながらイスラが答えた。 「ついてますよ?」とブレイラがイスラの口端についたパン屑を取って、可笑しそうに笑う。 「ふふふ、子どもが何を言ってるんですか」 「でも、オレはゆうしゃだから」 「勇者? なにをバカなことを」  ブレイラが笑いながら言った。  イスラは少しムッとする。 「オレはゆうしゃだぞ」 「いいえ、あなたは勇者ではありません」 「ちがう、オレは」 「あなたは勇者ではありません」  ぴしゃりとブレイラが遮った。  その強い口調にイスラがハッとしてブレイラを見ると、――――ポタリ、ポタリ。ブレイラは琥珀色の瞳から大粒の涙を零していた。  テーブルにポタリと零れ落ちるほどの涙。大粒の涙が止めどなく溢れて、頬を濡らして、ポタリ、ポタリとテーブルに落ちている。 「ブレイラ……?」  さっきまでとても楽しそうな顔をしていたのに、今のブレイラは胸が苦しくなるほど悲痛な顔をしていた。  泣いてほしくなくて、いつもみたいに眩しそうに目を細めて笑ってほしくて、イスラは慰めようと手を伸ばそうとしたが。 「え?」  左腕が、無かった。 「ッ、わあああああああ!!!!」  衝撃にイスラは絶叫し、意識が一気に浮上して覚醒する。  でも目を見開いたのと、抱き締められたのは同時。 「――――イスラ!! イスラっ、イスラ……!!」 「ブレイラ……」  意識を取り戻したイスラを抱き締めたのは、ブレイラだった。  ブレイラは泣きながらイスラを抱き締めたのだ。  突然のことにイスラは驚いて目を丸める。でもブレイラを慰める為に抱き締めようとして左半身に違和感を覚えた。  その違和感に、全てを思い出す。  そう、左腕を失っていたことを。  信じた人間に……裏切られたことを。 ◆◆◆◆◆◆

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

消えない傷跡の奏多編
14リアクション
2話 / 1,056文字 / 0
2017/3/26 更新
3リアクション
1話 / 16,045文字 / 0
2018/10/14 更新
【元虐められっ子×カーストトップ】罪悪感と淡い恋心を抱えて、夜のクラブで再会する。伏線/どんでん返し
73リアクション
9話 / 9,991文字 / 138
2018/10/31 更新
誰からも必要にされないと思っていた。彼と出会うまではー
36リアクション
6話 / 1,990文字 / 61
2019/5/19 更新
※人気者イケメン×地味メン。強引。変態。
19リアクション
1話 / 8,750文字 / 43
2019/9/23 更新
5リアクション
1話 / 2,961文字 / 0
2/20 更新