10 / 28

第10話

マルクと出会った翌朝 ズキン、ズキン!!! 「痛い、痛い・・・」 天音は背中の傷痕が激しく痛む。 「くそ・・・今日学校休みで良かったな。」 だが健之は休日だが土曜日もやっている総合病院で今日は出勤だ。 「天音、起きて来ないけど・・・」 ドアがノックされて入って来た健之は天音の様子を見て 「だ、大丈夫!?」 ベッドに来て天音の背中を見る。 「腫れてるよ。病院行こうか。」 背中の傷痕が腫れているようだ。 「大丈夫・・・」 「だけどー」 「兄さんにしか見れたくない・・・」 この傷痕だけは 「!?・・・分かったよ。」 部屋に戻り薬を持って来て塗ってくれた 「今日は大人しく寝ていてね。」 「分かった。」 頷いた。朝食はフレークだけにした。昼食はある物で作り食べた

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

霊感のあるオカルト小説家が人外の存在と次々エッチする話。
135リアクション
12話 / 35,881文字 / 319
2017/6/30 更新
社長さんと副社長さんのラブラブ
153リアクション
18話 / 10,000文字 / 397
2017/10/4 更新
高校の卒業式で別れた男が、クリスマスにアパートにやってきて……。
35リアクション
4話 / 6,133文字 / 96
2018/12/25 更新
お前を守るためなら俺は全てを捨ててもいい
645リアクション
29話 / 22,624文字 / 567
3/26 更新
実験装置から現れた犬系獣人に振り回されて戸惑う研究者オメガの話。
1リアクション
3話 / 23,591文字
7/7 更新
死を選ぶ青年×死を待つ青年
2リアクション
1話 / 7,957文字 / 0
11/3 更新