12 / 28

第12話

天界のある屋敷では 「そうか、あいつは、素直に聞かなかったか」 書類にペンを走れる金髪の上級天使に 「申し訳ありません。」 マルクが頭を下げる。 「いい。あいつらしいと言えばあいつらしい。だが分かっているだろう。」 「はい。」 マルクは引き続き天音をどうにか天界に連れて為に天音が通う高校に潜入をするというので人間界に戻っていた。 「俺も動くか。」 椅子から立ち上がるのは、天使長補佐である上級天使アンドレアー天音の実の兄だ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

にゃんでもあり濃厚官能入り乱れの花いちもんめ
136リアクション
19話 / 25,703文字 / 435
2018/3/18 更新
R18/刑事×平凡少年/体格差/無理矢理からの溺愛/年齢差
489リアクション
6話 / 10,065文字 / 3,170
2018/6/5 更新
19世紀、フランス。代々霊媒師のダンジュー家。少年は降霊の儀式のため、夜に犯される…
71リアクション
8話 / 9,997文字 / 79
2018/12/22 更新
いつも一緒にいるアイツとのこの関係は?
4リアクション
37話 / 21,740文字 / 36
11/9 更新
俺はヤンデレが好きだがへたれが嫌いだ。
36リアクション
2話 / 3,066文字 / 55
8/30 更新
ストーキングしている彼の部屋の中を見たくなった僕は運送屋に変装して彼の部屋のチャイムを鳴らした。
130リアクション
4話 / 6,754文字 / 136
9/23 更新