12 / 52

第12話

天界のある屋敷では 「そうか、あいつは、素直に聞かなかったか」 書類にペンを走れる金髪の上級天使に 「申し訳ありません。」 マルクが頭を下げる。 「いい。あいつらしいと言えばあいつらしい。だが分かっているだろう。」 「はい。」 マルクは引き続き天音をどうにか天界に連れて為に天音が通う高校に潜入をするというので人間界に戻っていた。 「俺も動くか。」 椅子から立ち上がるのは、天使長補佐である上級天使アンドレアー天音の実の兄だ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

青い空を見上げると、同じ色の瞳をしたあいつを思い出す…のはなんかムカつくけどな!
183リアクション
101話 / 79,130文字 / 156
2018/6/5 更新
俺の嫁は、最高にかわいい!
2リアクション
1話 / 506文字 / 0
2017/6/16 更新
完結
華の館
御曹司×元お坊っちゃま
119リアクション
63話 / 100,223文字
2019/7/23 更新
恋した人は、人ならざる者でした
29リアクション
1話 / 856文字 / 18
2018/5/10 更新
平凡な研究生・一条が植物学界の若きアインシュタイン・蘭に恋した短編。
13話 / 10,000文字 / 0
2019/5/25 更新
チャライケメン×堅物仕事人間
120リアクション
54話 / 81,932文字 / 60
2019/8/5 更新