15 / 52

第15話

「・・・」 その日、天音は夕食の食材が家にあるのでスーパーに寄らずにまっすぐ家に帰る道で視線を感じる。 「あれは、マルクのじゃないな。」 目に入ったのは天使がよく使い魔にする白鳩だがマルクのではないと鳩から感じる白魔術を解読し呟く。 (上級か。だがあの人とも違う。) ズキン 「・・・」 また背中の傷痕が痛んだが一瞬だったので気にしない。 「帰るか。」 家に帰る。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

自分のこと苦手らしい元・上司が姉の婚約者になってた話。
5話 / 45,943文字
2018/3/4 更新
連載中
Ossan's
おっさんずラブの2次創作です。
11リアクション
4話 / 1,827文字 / 0
2018/6/7 更新
忘却への道
1話 / 2,281文字 / 0
2019/3/23 更新
金髪碧眼医師×拾われた子供。
48リアクション
49話 / 96,398文字 / 56
2019/9/10 更新
社会人一年目。同期二人のストーリー。
84リアクション
9話 / 24,656文字 / 101
2019/9/16 更新
タイトルの通りのアホエロです。
1,298リアクション
9話 / 23,000文字 / 133
1/16 更新