15 / 28

第15話

「・・・」 その日、天音は夕食の食材が家にあるのでスーパーに寄らずにまっすぐ家に帰る道で視線を感じる。 「あれは、マルクのじゃないな。」 目に入ったのは天使がよく使い魔にする白鳩だがマルクのではないと鳩から感じる白魔術を解読し呟く。 (上級か。だがあの人とも違う。) ズキン 「・・・」 また背中の傷痕が痛んだが一瞬だったので気にしない。 「帰るか。」 家に帰る。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
親の再婚で義理の兄弟になる生徒会副会長の義兄と不良の義弟のSS
15リアクション
1話 / 815文字 / 205
2018/5/30 更新
俺の愛した人は、義理の父でした。
8リアクション
4話 / 6,454文字 / 80
4/12 更新
32リアクション
12話 / 25,881文字 / 18
9/28 更新
愛なんかいらない。オレを壊して。識字障害を抱える男娼の苦悩とエロスと恋
610リアクション
57話 / 85,362文字 / 94
17時間前 更新
俺は生粋のゲイだ。いつも行くゲイの集まるバーに好みど真ん中の男がいた!さっそく声をかけたら…
62リアクション
14話 / 47,428文字 / 20
10/26 更新
完結
Hand
童貞×奴隷 死が二人を別つまで…