2 / 35

第2話 彼の日常

乗客たちは飛行機に乗る直前、危険物を持ち込んでいないかX線検査を受ける。 その際、彼らの手荷物をモニターで確認するのが、私の彼、加賀谷寿(かがやひさし)の仕事だ。 五日前、自宅の風呂が壊れたと加賀谷さんが言った。それ以来、私の部屋でふたりで寝るようになった。 恋人同士だから、当然、同じベッドで眠る。 しかし文字通り、ただ寝るだけであって淫らなことは決してしない。 私たちはまだ、清らかで物足りない関係だ。 白い壁に覆われた保安ゲートの前は、人はまばらだった。数人が入り口で話し込み、旅立つ前の別れを惜しんでいた。 私は検査を受ける乗客の邪魔にならないよう、ゲートから離れ、近くの壁際に立った。 扉のない入り口の向こうに保安ゲートはある。 首を伸ばし、中を覗こうとした。時折、荷物を受け取る警備員の袖口が見えた。私はもっとゲートの奥が見たくて斜めに移動した。 唇をきつく結ぶ加賀谷さんの横顔が見える。 荷物を載せたベルトコンベヤーの向こうにいた。 カウンターの横でパイプ椅子に座り画面を睨みつけている。見つめながら、警備員専用の黒い制帽を被り直した。 帽子の中央に飾られた鷹の瞳が、鋭く光ったような気がした。 「加賀谷隊長、次はハンドバッグと携帯電話です」 「了解。……ふたつとも異常なし。次」 部下に答えながらも視線は画面から離さない。敵の隙を窺う武将のようなまなざしだ。知らず知らずのうちに、私は息を吐いていた。漲る彼の緊張が伝わったのかもしれない。壁を隔てて、今、加賀谷さんは私の近くにいる。 私の勤務場所は四階にある文房具店だ。 同じ空港にいるというのに、私たちが顔を合わせることは全くといっていいほどない。客がいなくなったとき私が店で考えるのは、加賀谷さんのことだけだった。 今日一日の中で、私たちは最も接近している。 そう実感するだけで働いている間にできた心の隙間は、いくらか埋めることができた。 一瞬、加賀谷さんが目を見開いた。 「ストップ。トランクケース要確認!」 彼の声に、荷物の流れが止まった。加賀谷さんは立ち上がり持ち主の男に近づいた。スーツを着ていても胸板が厚いのがわかる、頑丈という言葉が似合いそうな男だった。 自分よりも大柄な男と、加賀谷さんは胸を張って対峙した。カウンター越しに男に話しかける。 「すみません。お手数ですが安全のため、ご協力お願いします」 穏やかな口調だが、加賀谷さんの目は全く笑っていなかった。ひとりの警備員がトランクケースを開けて中身を取り出す。 中から、銅線が幾重にも巻かれた四角い銀色の箱が出てきた。箱の表面に丸い時計がついている。 胸が痛いほど、鼓動が早くなる。 私たち空港スタッフが警戒しなくてはならないものだ。 「爆弾……!」 私はゲートに近づいた。 秒針の音がここまで聞こえてきたような気がした。女性警備員が箱に近づき、細長い棒を箱に当てる。 けたたましいアラームが響く。何事かと、検査を終えた乗客たちがゲートに集まった。 「金属反応あります」 「危険物発見! 各員、A態勢!」 加賀谷さんの鋭い声が飛ぶ。ふたりの警備員がカウンターから躍り出た。ゲートの入り口と出口に立ち男の退路を断つ。 「あなたには警察の取調べを受けてもらいます。よろしいですか」 男は無言のままだった。 スーツの内ポケットに男が手を入れる。加賀谷さんは身構えた。 「加賀谷さん!」 刺されるか、撃たれるか。ナイフ、拳銃と男が取り出す可能性のあるものが頭をよぎった。 私はゲートに飛び込んだ。警備員が私を制止した。 「危ない、下がって!」 「加賀谷さん、逃げて!」 「晴之?」 加賀谷さんは私を見て驚いたが、すぐに男と向き直った。 男が取り出したのは一枚の名刺だった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
蒼い炎
主人公の、幼馴染への初恋→同級生→行きずり?それぞれの恋の行方
69リアクション
14話 / 44,192文字 / 66
1/6 更新
捻じ曲がった大人×捻くれた高校生
7リアクション
14話 / 77,521文字 / 0
1/19 更新
口を開かなければ美しいのにね君。
6話 / 5,620文字 / 0
1/10 更新
かれの涙に気づくのは、ぼくだけ。
45話 / 44,833文字 / 0
14時間前 更新
幼馴染の会社員×会社員。年上受けの年下攻め
140リアクション
13話 / 75,845文字 / 20
1/15 更新
イケメン三兄弟(吸血鬼)×捨てられた青年(人間)
7リアクション
6話 / 5,335文字 / 20
9時間前 更新