3 / 35

第3話 不安の芽

「お見事でしたよ。素晴らしい注意力です」 加賀谷さんは名刺を見ると、ため息をついた。 「『東京航空システムお客様サービス係』って、何だ……審査官か」 加賀谷さんの呟きに警備員は皆、和らいだ顔になる。 一斉に、警備員たちは加賀谷さんに駆け寄った。さっき危険物に棒を当てていた女性警備員は、胸を撫で下ろしている。 「隊長。なんで、そんなに冷静なんですか。私なんか緊張で手に汗かきました」 「何が起きてもおかしくない。そう思えばいつだって平静でいられる。簡単なことだ」 「うわあ、隊長いいこと言う! かっこいいのは顔だけじゃないですね」 長身の警備員が加賀谷さんの背中を叩く。 「こら、痛いって」 加賀谷さんは笑って上半身を曲げた。 「よし、今日も始末書なし。やっぱりモニター検査は隊長が一番うまいな」 さっきまで私の横にいた警備員はガッツポーズをした。 「時計までつけちゃって……今回はリアルすぎませんか」 「これくらいしないと臨場感が出ないでしょう?」 男と笑顔で話す警備員もいる。 私は何があったのかわからず、緊張を解いた彼らを見つめた。男は加賀谷さんに向かって声をかけた。 「やはり『警備の鷹』と呼ばれる人は違いますね。検査に迷いがない」 「俺は十八の頃からこの仕事をやっているんだ、これくらい楽勝だ」 加賀谷さんは顔を引き締めた。 「おまえら、あまり喜ぶな。ほら、検査再開だ」 「はい!」 元気よく返事をして警備員たちは持ち場に戻る。加賀谷さんはカウンターから出てきて私に近づいた。 「びっくりしただろ。今のは抜き打ち審査だ。航空会社が俺たちの仕事を定期的にチェックするんだよ」 本当の緊急事態ではなかったのか。安心したら一気に力が抜けてくる。加賀谷さんは手を伸ばして私の頬に触れた。私はその手をきつく握りしめた。 白い手袋を通して温もりはちゃんと伝わってきた。 「よかった……何もなかったんだ。生きているんだ……」 「手が震えているぞ。そんなに怖かったのか」 私が頷くと、加賀谷さんは眉を寄せた。 「晴之、危険を感じたらすぐに逃げろ。おまえは一般人なんだから」 怖かったのは、加賀谷さんに危害が加えられると思ったからだ。自分の安全なんか全く意識していなかった。 「加賀谷さんだって一般人でしょう。警察官じゃない」 「人を守るのが俺の仕事なんだ。晴之、あともう少しで交代だからそれまで待っていられるか」 はい、と答えると、加賀谷さんは私の頭を撫でた。 「いい子だ。すぐに終わるからな」 私はその場を離れると数歩歩いて、柱の影で立ち止まった。柱に寄りかかり顔を覆う。 泣きはしなかったが多くの感情が込み上げてきた。彼が無事でいることへの安堵、自分が何もできなかったことへの腹立たしさ、何もしてあげられないのだという現実が己に突き刺さる。 数日前に加賀谷さんが呟いていた言葉を思い出した。 『俺の仕事なんかつまらないよ。灰色の映像をただ見ているだけだからな』 あれは私を心配させないための言葉だったんだ。単調な仕事が決して気楽なものではないのだと、今更になって私は気づいた。 加賀谷さんによく似ているある人の顔が、まぶたの裏でちらつく。 加賀谷さんも、あの人と同じ運命を辿るのかもしれない。私はまた大切な人を失ってしまうのだろうか。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

仲の悪い双子と美しい男娼と元・不良グループ幹部の少年の話。
1リアクション
50話 / 77,322文字
2018/5/25 更新
寂しいなら、俺がお前の居場所になってやるよーー
431リアクション
21話 / 77,166文字 / 888
2018/6/6 更新
番犬みたいな男とその弟分の能天気青年が神経質な美人を性的にハラスメントする話。
3リアクション
8話 / 59,735文字
2018/8/26 更新
もしも――おれだけを選んでくれていたら。ずっと傍に居たかった
42リアクション
11話 / 67,602文字 / 16
2019/5/29 更新
欠点は相手によって最高の相性となる、がテーマのお話です。
14リアクション
16話 / 60,770文字 / 40
1/14 更新
異世界の王に求婚された男子高校生は『四神』の国に連れてこられて──
13リアクション
6話 / 30,215文字 / 0
1/21 更新