6 / 35

第6話 私の密かな愉しみ

椅子に座って体を洗いながら、食事をしていた加賀谷さんを思い出していた。味噌汁を飲んで濡れた唇から目が離せなかった。 頭の中で、彼が口につけた器を自分の性器に置き換えてみる。加賀谷さんは口が小さいから銜えるだけでも大変だろう。 シャワーを浴びながら、硬くなり始めた自分自身に触れた。 喉仏を上下させて私の先走りを飲み込む彼を想像した。それだけで勃ってしまう。 五日前に、加賀谷さんの入ったあとのこの浴室に、抜け毛が落ちていた。 毛は硬くて波打っていた。 見ただけで欲情した。 毛を指先で弄んだあと、自分の欲望に絡ませて達した。彼と自分の下腹部を擦り合わせているような気分になった。 あの日以来、浴室で抜くという習慣がついてしまった。自慰の前には彼の抜け毛を探す。 残念なことに、今日は何も落ちていなかった。 「ん、寿……ああ」 加賀谷さんの名前を呟いた。中心を弄ると充血して熱を帯びてくる。張り詰めたそこを労わるように撫でた。 彼は私のことを名前で呼んでくれる。 私は未だに、彼を名字にさん付けで呼ぶ。名前で呼んだら、抑えが利かなくなりそうだからだ。 彼の名前を言うときは、自慰にふけるときだ。 『寿』と声に出すだけで躯が熱くなってしまう。こんなに感じるようになってしまっては、もう人前では呼べない。 付き合いはじめた頃、名字の方が呼びやすいと加賀谷さんに言った。本当は堂々と名前で呼びたかったのに、照れくさくて遠慮した。あんなこと言わなければよかったんだ。 そうすれば、もっと早く、私たちは近づけたはずだ。 「寿……ん、ん」 『晴之。晴之……』 彼が私を呼ぶ声を頭の中で反芻させる。キスしたときの声を思い出した。あの、掠れて聞き逃してしまいそうなほどの小さな声で、私を呼んでほしい。 蛇口を閉めずにシャワーヘッドを元に戻した。 私は両手で屹立を扱いた。肩に降りかかる湯が、彼の汗のような気がした。 座っている私の上に跨り、腰を動かす姿を思い浮かべた。 羞恥で頬を赤らめている彼が、私の目の前で喘いでいる。 想像の中の彼は、艶かしい姿になっていく。 おかげで、私はより早く自分の快楽を引き出せるようになった。今はめまいがするほど強く興奮してしまう。悦楽が躯を巡っていく。 耐え切れなくなって、足の指を丸めて前かがみになった。 「あ、ああ、ん……」 声が漏れそうになったので手の甲を噛んだ。 粘りのある透明な液体が、私自身からあふれてくる。まだ見たことのない彼の絶頂を思いながら、欲望の先端を擦った。 恍惚に悶える彼の中に射精する瞬間だ。 「ん、ん――」 躯を震わせ達した。熱い白濁が手を伝い、腿が濡れていく。 淫らな強張りが解けて、私は大きく息を吐いた。 ああ、また加賀谷さんを汚してしまった。 快感と同時に、やるせない気持ちが湧き上がってくる。熱が引いたあと、一気に寒気がするくらいの後悔の波に襲われる。 落ち込むくらいならこんなやましいことはやめればいいのに、抑えられない。石鹸で手を洗いながら、心の中で加賀谷さんに何度も謝った。 噛んだところに泡が染みた。 一回でもやれば、すっきりするのか。いや、そんな鬱憤晴らしみたいな抱き方はしたくない。 抱くのなら、壊れ物を扱うようにやさしくしたい。静かな夜に情熱的に抱いて、朝まで彼の髪を撫でていたい。イメージするだけでこんなに気持ちいいのだから、実際に躯を重ねたら極上の体験となるだろう。 理想の初夜は想定しているのに、空回りしまくって空想で幾度も犯してしまった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

攻め様ライの魅力に抗いたいけど、負け続ける受けちゃん希望のエロ三部作
109リアクション
20話 / 69,178文字 / 48
1/20 更新
ゲームのオフ会に行ったら、推しアイドルと出会ってしまった!?ラブラブBLシンデレラストーリー
860リアクション
6話 / 36,964文字 / 80
1/20 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する天王寺さんの気持ちは、伝わるのか?
1,317リアクション
30話 / 41,061文字 / 70
1/22 更新
性豪筋トレDKが学校中の筋肉男子をハメ倒す!
42リアクション
19話 / 54,170文字 / 0
9時間前 更新
クラス一内気な僕を変えたのは、隣の席のイケメンヤンキーだった。
60リアクション
4話 / 12,057文字 / 0
1/25 更新