7 / 35

第7話 初夜チャンス?

浴室から出ると、加賀谷さんはソファに座ってテレビを見ていた。私に気づくと顔を上げた。 「結構長かったな。のぼせたかと思ったよ」 「少し頭を冷やしていました」 「シャワーを浴びたのか。今日は暑かったもんな」 「……ええ、熱かった」 湯船に入りながら、自分の罪深さに反省していた。射精したあとはしばらく風呂から上がれなくなってしまう。 赤っ恥の熱で、いたたまれなくなる。彼の言う通り、冷水を頭から被ればよかった。 恋人が訪問しているのに自慰をして、直後にその材料、オカズにした相手と平気な顔で対面する。 自分の神経は極太なのか。欲望に負けっぱなしだから、もろいのか。 ひねくれていることだけは確かだ。 テーブルに置いた黒縁の眼鏡に手を伸ばしたら、加賀谷さんが先に取った。 「ありがとうございます」 お礼を言ったけど、加賀谷さんは渡してくれない。 「ちょっと眼鏡なしでいてくれないか。そんなに視力は悪くいないんだろ」 片手で眼鏡を持って加賀谷さんが近づいてくる。 「見にくいです。返してください」 睨むように彼を見つめた。もっとはっきり表情が見たかった。 加賀谷さんは私の頬を触った。撫でながら、何かを呟いた。 眼鏡があれば唇の動きが読めるのに。 「晴之の目を見たかったんだ」 きれい、と加賀谷さんは声に出した。目尻に指を当ててきた。触れられたところが、火がついたように熱くなる。 「このつり上がったところが好きなんだ。冷たくて誰も寄せ付けない感じがする」 首筋に息がかかった。それだけで躯が震えた。 「俺だけが晴之に触れるんだ。俺のものだって思うとすごくうれしくなる」 胸が高鳴る。喉が渇いてくる。汗が出てきた。 「私も、こうして加賀谷さんに触るのが好きです」 両手を加賀谷さんの背中に回した。腰に巻いたタオルが落ちそうになったが、加賀谷さんがくっついているので大丈夫だった。加賀谷さんが眼鏡をかけさせてくれる。 潤んだ瞳が私を見上げている。 「晴之。さっきの続き、しないか」 「え、ええっ!?」 予想外の提案に面食らってしまった。今までの流れは、抱き合うまでの過程だったのか。 「晴之はいやなのか」 「いやじゃない、いやじゃない。……いいんですか」 唾を呑み込んだ。 「ああ。何回も泊まったから、そろそろいいかなと思ったんだ」 加賀谷さんは言ったあとで目を伏せた。顔が赤い。 これは夢なのか。加賀谷さんが自分から誘っている。 「晴之、どうした。苦しいのか」 「ときめきが多すぎて胸が痛くなってきました」 胸に手を当てて、息を吐いた。 「そうか。いきなりだから怖がっているのかと思ったよ」 笑いながら抱きついてくる加賀谷さんを抱きしめた。 怖くはない。獣ではなくやさしい紳士になれるかどうか不安だった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

誰にも心を開かないヤンデレ少年とマジメ不良のSM有小説 病んでる要素よりコメディが多いです。
577リアクション
57話 / 135,696文字 / 402
2018/9/5 更新
fujossy小説大賞応募中☆俺様魔王サマが可憐な吸血鬼にドハマりする話♡
470リアクション
14話 / 32,784文字 / 100
2019/10/17 更新
それはある日突然やってくる。本人が思いもよらないカタチでーー
282リアクション
66話 / 46,056文字 / 60
2019/6/12 更新
fujossy小説大賞応募中☆エクレアコミック様でコミカライズ化して頂きましたー♡
556リアクション
14話 / 30,431文字 / 20
6時間前 更新
ノンケと付き合うことになったゲイの話。
12リアクション
9話 / 45,831文字 / 0
1/11 更新
完結
野ばら
腹黒年下アルファ×年上処女高潔オメガ