11 / 35

第11話 夜は熱く

今すぐ寝室を飛び出したくなった。 飢えた獣のように思われた。淫らでいやらしい自分の欲求を知られてしまった。 目を伏せ、唇を噛みしめた。 「……すみません、あなたのことを考えて汚いことをしていました。ずっとしたくて、抑えきれなかった」 「自慰なんて汚くない。でも言ってほしかったな。風呂場に飛び込んで襲ってやりたくなったよ。俺も同じ気持ちなのに」 唇が胸から腰にかけて滑っていく。ときどき、音を立て、慰めるようなキスをしてくれた。 躯の欲求は日々大きくなるのに、決心がつかなかった。したくてたまらないのに、いっしょになりたいのひとことが、言えずにいた。 「加賀谷さんもしたかったんですか」 「ああ。おまえのことを考えたら、ここが疼く」 私の手を取ると、加賀谷さんは自分の欲望に触れさせた。 下着越しでもわかる。張り詰めていて熱を持っている。 加賀谷さんが下着を脱いだ。思わず声を出してしまった。 彼の中心は、思ったよりも欲望をたぎらせていた。 「もっと撫でてみろ。おまえに触られるだけで、すぐに膨らんでくるよ」 「うわ……本当だ」 「男は好きな人に触られると、がんばろうって元気が出てくるんだ。今、俺のここは、晴之としたくてたまらないよおって叫んでいるんだよ」 加賀谷さんが言った通り、私が指でさすっていると、彼の屹立は更に質量を増していく。 「もう少し指を伸ばして、裏側を擦って……ああ、そうだ、それでいい」 唾を飲み込み、私は加賀谷さんの欲望を弄った。 彼のここは私のとは違って、使われたことがある。 どんな風に相手の躯を貫いていったんだろう。想像できない。たぶん、こんなに大きいんだから痛がる女性もいたのではないか。 自分の手のひらで育っていく加賀谷さんのものが、禍々しい凶器に見えてきた。 触っているうちに、自分の中心が張り詰めてきた。気づかれないよう足を閉じて熱を逃がそうとした。弄られてもいないのに興奮するなんてはしたないじゃないか。 「くっ、う」 突然、彼の昂ぶりが震え、透明な露が零れた。加賀谷さんは歯を食いしばった。びっくりしたので、私は手を引っ込めた。 「ごめんなさい、痛かったですか」 「そうじゃないよ。ちょっと気持ちよすぎた。晴之は、自分以外の男のものって見たことがないのか」 「いえ、プールの更衣室で見たことあります。でも、こんなことになっているのは初めて見ました」 「戦闘態勢になっているのは見るわけないか。それじゃあ、晴之のも見せて」 「え、ちょっと待って」 感じているのを知られたくないので、私は身を捩った。しかし、取れかかっていたタオルを剥ぎ取られた。 包み込むように中心を握られた。 「結構いいもの持っているじゃないか。それに、ちゃんと熱くなっている」 「痛いっ」 加賀谷さんが私の太腿を割り開く。限界以上に広げられ、内腿の筋肉が引き攣れた。 これだけなのに、と言って加賀谷さんは笑った。 「晴之。これからは毎晩ストレッチしような。躯がやわらかくなったらいろんなことを教えてやるよ」 「いろんなことって何ですか」 「晴之が泣いちゃうこと……ふうん、未経験は色が薄いのか。かわいいな」 「ああ」 息を吹きかけられて、やわらかくて生温かいものが中心の先端に触れた。内腿が震える。 腰の奥から背筋にかけて一直線に、快感が走りぬけた。 「キスひとつで硬くしやがって。もっとしてほしいのか」 「いや、いやです。ん、ん……」 「感度いいな。やりがいがあるよ」 「あ……だめです。ああ」 張り出したところを舌で舐められた。それだけで感じる自分が悔しい。声を押し殺したけれど、腰が揺れてしまう。 顔を上げたら加賀谷さんと目が合った。 熱っぽくて潤んだ瞳だった。 私の目を見ながら、先走りを吸い上げている。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

寂しいなら、俺がお前の居場所になってやるよーー
431リアクション
21話 / 77,166文字 / 888
2018/6/6 更新
完結
clematite
[R18]恋に臆病な男と、拗れてしまった一途な男の話
222リアクション
63話 / 79,202文字 / 132
1/20 更新
BL・R18・ヤクザ×船乗り・リバース有
30リアクション
11話 / 79,108文字 / 79
1/6 更新
貿易商×男娼。色町に男娼、長谷凛一は存在した。時は大正、激動の時代に夜毎咲き乱れるようだった。
45リアクション
17話 / 55,598文字 / 40
2019/5/17 更新
完結
雨鳴き
休日の先輩は、思いもよらない恰好で蛙を追いかけていた。
242リアクション
10話 / 60,079文字 / 20
2019/10/9 更新
完結
野ばら
腹黒年下アルファ×年上処女高潔オメガ