12 / 35

第12話 秘めていた淫らな心

「ん、ん……晴之、気持ち、いい?」 「はい、あ、すごくいい……ん――」 「もっと……もっと、よくするから、う、ん……」 舌を動かしながら、加賀谷さんは生唾を飲み込んだ。飲み下す瞬間、ごく、と音が聞こえたような気がした。 今、私の体液が加賀谷さんの喉を通ったんだ。そう意識すると私の欲望は更に興奮してきた。 中心が疼くから彼の顔に股を押しつけた。私のそこは更に張り詰めていく。与えられた快楽を味わい、悦びに震え立つ。 次から次へとあふれてくる私の粘液を加賀谷さんが舐め取っている。敏感なところも舌で拭ってくれる。 唾と先走りが合わさった水音は、すごく煽情的だった。もう私たちは交わっている。そんな錯覚さえ起こった。 思い描いていた光景だった。眉を寄せて加賀谷さんが私に奉仕している。 「すごい……本当に、こんなことしちゃうんだ」 「ん……そう、これが……セックスだよ」 舌を肌に滑らせ、口に含んだ熱い液体を私の躯にまぶしていく。 「え、うわ、あ……」 舐められたところに火がついたように感じた。 呼吸がうまくできない。感じるところが広がっていく。歯を立てられたところが疼いてくる。躯が焦げついてしまいそうだ。 私は身を捩って加賀谷さんの頭を抱え、制止した。 「あの、もういいです。恥ずかしいです」 「恥ずかしいのは、感じているからだよ」 腕を掴んだのに、加賀谷さんはやめてくれない。 「きれいだな。白い肌が光っている」 両方の胸の突起を指で押しつぶされた。痺れるような感覚が沸き起こった。 「あ、加賀谷さん、ん……」 「名前で呼んで」 「寿、さん」 「素直でよろしい」 「ああ……あ――」 加賀谷さんが一方の突起に食らいついてきた。音を立てて吸われ、私は背を仰け反らせた。もう片方は摘み上げられた。すぐに、私の胸の先端は赤く色づき尖った。 胸だけでこんな感じるなんて知らなかった。 高い声を上げて、身悶えしてしまう。圧倒的に経験が足りない。 これから加賀谷さんのすることがわからない。 わからないから昂ぶってしまう。 寝室は、むせぶような官能の空気に支配されている。火照るほどの熱気とめまいがするほどの甘さがあった。 これが抱き合うことなんだ。 相手の動きに応えてあげられない。加賀谷さんにしたいことはいろいろあったのに、彼がしてくれることを受け入れるだけで精いっぱいだ。 指先で感触を確かめるように、腰を撫でられた。触られる度に私は身を捩った。すっかり感じやすくなっている。 加賀谷さんの手が下腹部へと降りていく。 「ん、ん……あ、あ」 「晴之は濡れやすいんだな。軽く扱くだけで蕩けてくる」 「言わないで、ん、ん――」 皺の寄ったシーツに指を絡ませた。欲望の中心に熱がたまっていく。 「いや、あ、ああ」 震え立つ昂ぶりの根元にあるふたつの膨らみを、指で揉まれた。 じゅく、じゅく、と粘る蜜が先端からあふれた。 零れた先走りが欲望を伝い、股を濡らしていく。 「感じまくっているな。おまえのを触っているだけで俺もいきそうだよ」 「……見ないでください」 顔を覗き込まれた。腕で自分の顔を隠そうとしたら、手首を掴まれた。抵抗したけど、弄られて、追い詰められていく。 「かわいいな。腰振っておねだりしている」 「違います、お願いだから……ん」 痺れるような射精感を堪えたくて、彼から逃れたかった。 荒い息遣いが聞こえる。自分のものか加賀谷さんのものかわからない。 「いけよ。最高にエロい顔をしろ」 「いや、あ……加賀谷さん、ん、うっ――」 身震いして達した。私が白い蜜を零しても、加賀谷さんは手を離さなかった。 「全部、出せよ」 「ああ、あ……あ」 搾り出すように扱かれ、声が漏れた。 幾度か躯を跳ね、迸る精液を吐き出した。 長い射精だった。秘めていた淫らな心が、全て暴かれた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ちょっぴり歯痒い大人の恋愛。
1,644リアクション
68話 / 51,125文字 / 598
1/20 更新
BL・R18・ヤクザ×船乗り・リバース有
30リアクション
11話 / 79,108文字 / 79
1/6 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する委員長様の想いは、届くのか?
1,797リアクション
66話 / 48,893文字 / 213
20時間前 更新
ゲームのオフ会に行ったら、推しアイドルと出会ってしまった!?ラブラブBLシンデレラストーリー
860リアクション
6話 / 36,964文字 / 80
1/20 更新
俺の初めて、全部あげる
35リアクション
25話 / 58,258文字 / 0
1/21 更新
【オメガバース】俺を早く貴方のモノにして
4リアクション
5話 / 6,100文字 / 0
1/19 更新