15 / 35

第15話 幼子のように

ふたりで眠るとき、どちらが相手を腕枕するかで揉めた。 「私がします。背が高い方がすれば楽です」 「だめ。晴之は疲れているだろ。俺が寝かせてやるんだ」 「うわ」 ベッドに押し倒された。笑い声が聞こえる。吐息が肌にかかってくすぐったい。 「晴之。もっと俺に甘えろよ」 「いやです。加賀谷さんこそ、おとなしくしてください」 腕を掴まれたり、胸を押し返したりした。じゃれあうようにベッドの上で何度もふたりでひっくり返った。 素肌がシーツに擦れて気持ちよかった。 互いに息を吐いて、躯を寄せ合った。 加賀谷さんはさりげなく、私の胸の突起を弄ろうとする。いやだ、と言って頬をつねってやった。 加賀谷さんは私の指を銜えた。 「そんなところ、口に入れて楽しいんですか」 「うん、おまえのだからおいしいんだ。もっと食べたい」 変態、と言って、加賀谷さんの肩を押した。加賀谷さんは離さない。わざとらしく、舌を使って刺激してくる。 舌は熱くて湿っていた。 舐められているうちに、加賀谷さんの硬い欲望を思い出した。 ただ触れただけなのに、生身の男はどういうものがわかった気がする。 猛々しくて、力強い生の源流だった。形や色が少し違うだけなのに、自分のよりも男らしいと思った。 見つめていると、唇は手首へと降りていった。内側の辺りをキスされた。 「ちゃんと脈打っているな。さっきは本当に怖かったよ。俺、泣きそうになった」 「ごめんなさい」 「謝るなよ。俺が激しいことしたからびっくりしたんだろ」 頷いたけれど、加賀谷さんには悪いことをしたと思った。私が気を失っている間、きっと加賀谷さんは自分を責めただろう。 互いに指を絡ませ見つめ合った。さっきまであった雄雄しさは彼にはない。 「晴之、寝られそうか」 「はい。今は怖くないから」 加賀谷さんは笑った。 どこか吹っ切れたような笑みだった。 「そっか。……さっきは怖かったのか」 さみしげな声だった。すぐ傍に私がいるのに、ひとり取り残されているような言い方だった。 「あの、加賀谷さんが怖かったんじゃないです。これからすることがわからなくて怖かったんです」 「うん。ありがとう。晴之はやさしいな」 抱きしめられていると温かくて眠ってしまいそうになる。目を閉じてしまいそうになるのを私は堪えた。 眠る前に言わなくてはならない。 「次はがんばるから、ちゃんといっしょになりましょう」 「がんばるって……晴之は抱かれてもいいのか」 しばし黙ったあと、私は頷いた。 「加賀谷さんがしたらうまくいくと思うから」 抱き合うなんて、その場の雰囲気になれば自然に終えられると思っていた。実際は、受け身になっていただけだった。 きっと、私が抱かれればいいんだ。 「晴之は、うまい方が抱いていいと思っているのか。そんなこと言うなら俺は遠慮しないよ」 先ほどの加賀谷さんの振る舞いを思い出した。 「遠慮しないって、さっきよりも激しくなるんですか」 私の声は震えていた。加賀谷さんは私の背を軽く叩いた。 「……うん。ちょっと晴之はつらいだろうな」 加賀谷さんは手を伸ばすと、私の下腹部を撫でた。 「ここに俺のが入って、何度も晴之の内側を擦るんだ。たくさん動いたあと、俺がいっぱい精液を出して晴之の中が汚れるんだよ。きっと、晴之には俺よりも負担がかかる」 言われただけなのに、さっき指を挿れられたところよりも深い奥が疼いた。 未知の官能への好奇心からか恐怖からなのか、わからない。 「どうしよう、また失敗したら。今度はちゃんとできるかな」 「怖いくらいなら大人にならなくてもいいんだよ、晴之」 宥めるようなキスが降ってきた。 「こうやって、抱っこしてもらうのも悪くないだろ」 静かな加賀谷さんの言葉が、部屋に響いた。 彼の言う通りだ。 五日前から、私の部屋でふたりで眠るようになった。眠る前にキスを交わす。朝はしばらく互いに指を絡ませて見つめ合う。 誰とも付き合ったことのない私にとっては新鮮な体験だった。寝るときも目覚めるときも満ち足りた気分になった。 「はい。いっしょに寝ているとあったかくて、気持ちいいです。でも……」 より深い愛し方があるのだから、味わってみたい。 加賀谷さんは私を、恋人ではなく幼子のように思っているのかもしれない。私がすっかり甘えて頼っている。だからこそ、加賀谷さんは抱くのをためらっているのではないのか。 まだ抱くのは早いと思っているのだろうか。 「加賀谷さん。いつか、いつかしましょう」 「ああ……いつかな」 「今度は、最後までしましょう」 「……うん。そうだな」 「もう、気を失ったりしないから」 「ああ」 加賀谷さんは、私がお願いする度に頬に唇を落とした。私はキスで応え、言葉を繰り返した。 幾度となく誓い合っても、叶えられるとは思えない。 ここから先へは歩み出せないような気がする。 加賀谷さんは、何度も約束をねだる私を見つめている。ときどき、唇を噛みしめて私の髪を梳いた。 きっと、私たちは恋人とはいえない。ひたすら愛情を注ぐ母と、護られていることが当たり前と思っている子のような関係だ。 しかし、私は彼の子供ではない。 もっと強くて、確かな愛が欲しい。水を切らした花のように渇きを感じる。貪欲な飢えが私の中にある。 今も素肌で触れ合っているのに、加賀谷さんが遠くにいるように感じた。私は加賀谷さんの胸に顔を埋めた。背が合わず、足先は彼と重なることができない。 毛布に包まれているのに寒さを感じる。 もどかしくて、彼の胸を撫でた。 躯をつなげれば、私たちは対等になれるのかもしれない。加賀谷さんを大きく包み込むようになれるだろう。 でも、私たちが愛し合う夜は、本当に来るのだろうか。 私は目を閉じた。私を愛撫したときの加賀谷さんの笑みが、まぶたに焼きついていた。 おやすみ、と加賀谷さんは私の耳元にささやくと、きつく、きつく、私の背を抱いた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

幼馴染みの秘密を目撃したサワ。一緒に目撃した長谷部が襲ってきて、つい気持ちよくなっちゃって!?
299リアクション
30話 / 93,432文字 / 470
2018/9/5 更新
主人公ゲス注意。寝取り、無理やり、3P等の要素が含まれます。
905リアクション
82話 / 159,786文字 / 438
2018/10/9 更新
超エリート傲慢操縦士×正統派真面目な整備士のドタバタラブ。
1,115リアクション
23話 / 36,158文字 / 46
2019/11/20 更新
欠点は相手によって最高の相性となる、がテーマのお話です。
14リアクション
16話 / 60,770文字 / 40
1/14 更新
ノンケと付き合うことになったゲイの話。
12リアクション
9話 / 45,831文字 / 0
1/11 更新
【R18】自分はワンコインの価値しかないんだ。受け溺愛攻め×平凡受け
535リアクション
30話 / 54,311文字 / 12
6時間前 更新