16 / 35

第16話 朝のキス

朝、いつもより早い時間に目が覚めた。 私は加賀谷さんの腕に抱かれたまま、しばらくおとなしくしていた。目の前にある、加賀谷さんの薄くて小さな唇を見つめた。 指で、加賀谷さんの唇をそっと押してみた。やわらかい彼の唇に触れているうちに、昨夜の出来事を思い出した。 この唇が、たくさんキスしてくれたんだ。 いっぱい甘い言葉をささやいて、私の肌を滑って、私のものを吸い上げたんだよな。 加賀谷さんはとても深く眠っているようだ。私が唇を突いても、頬を撫でても、全く起きようとしない。 私は加賀谷さんの唇を奪った。すぐに顔を離したが、反応がないので再びくちづけをした。 気づけば、きつく閉じられている加賀谷さんの唇を夢中で舐めていた。吐息を零しながら舌を動かし、自分を受け入れてくれない唇をこじ開けようと必死になっていた。 何やっているんだろう。 ふと我に返り、私は一方的なキスをやめた。熱くなった頬を、加賀谷さんの胸に押しつけた。 一晩中密着していたからか、加賀谷さんの胸は少し湿っていた。私は顔を埋め、温かい汗の匂いを吸った。 ちゃんと応えて。昨夜みたいに泣かないから。 加賀谷さんを起こして、そう叫びたくなった。眠っているのだから気づかないのは当たり前なのに、今朝の私はすごくわがままになっている。 私はこんなに甘える人間だったかな。 これでは、本当に加賀谷さんの子供になってしまう。恋人なんだから、もっとしっかりしなくてはいけない。 私は加賀谷さんの腕を解くと、ベッドから抜け出た。 クローゼットを開けて、いつもは眠るときに着る黒のジャージと青いTシャツを出して着替えた。 扉を閉めるとき、加賀谷さんが昨夜着ていた服が、ハンガーにかかっていることに気づいた。 確か、私が気を失って目覚めたとき、衣服は床に散らばっていた。私が眠ったあとに、ベッドから抜け出して、服をしまったのだろう。 もしかしたら、加賀谷さんは眠れなかったのではないか。 寝る直前、いつかしよう、と私が言ったら、加賀谷さんはあいまいに頷いていた。 返事をしながら、何か考え込んでいたように見えた。あのあと、なかなか寝つけなくて朝方ようやく眠りについたのだろう。 だから、私がキスしても目覚めなかったんだ。彼がくちづけに気づかなかったことも、私は自分のせいにした。 私は息を吐くと、クローゼットの扉に額を押しつけた。 何度思い返しても、昨夜のことは自分が悪いとしか考えられない。私が臆病だから、抱き合うことができなかった。 どうして私は、いざとなるとだめになってしまうんだ。勢いに乗ってことを済ますなんて簡単なはずなのに。 振り返り、私はベッドに近づいた。しゃがみ込むとシーツに両腕を乗せ、加賀谷さんの寝顔を覗き込んだ。 私が乱暴なキスしたから、加賀谷さんの唇は濡れていた。朝の光に照らされ艶めく唇を見ていると、自分がいけないことをしたような気がしてきた。 いっしょになろうって言ったのに、泣いて怯えてしまった。気を失い全身で加賀谷さんを拒んだのに、朝になったら自分の欲望のままに、彼の唇を貪った。 全く筋が通らない。加賀谷さんを拒否しているのか、迎え入れようとしているのか。自分がわからなくなった。 部屋を出て、キッチンへ向かった。料理をすれば、いつもの自分に戻れるはずだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

チビの攻めと高身長受けのデコボコ王道ラブストーリー。
635リアクション
57話 / 160,766文字 / 557
2018/9/4 更新
純愛は貫けないかもー。な27歳×尊敬しているけど恋愛経験値が低いので甘え方がわからない17歳
295リアクション
66話 / 44,222文字 / 36
1/18 更新
R18【獣人学生×人間学生】【半鬼学生×獣人科学者】【鬼の王×人間奴隷】
15リアクション
41話 / 40,474文字 / 0
1/18 更新
腹黒眼鏡×ノンケ蕎麦職人 病みエリート(年下)のひとめ惚れ猛攻
342リアクション
22話 / 32,596文字 / 0
14時間前 更新
【オメガバース】俺を早く貴方のモノにして
4リアクション
5話 / 6,100文字 / 0
1/19 更新
可愛い男の子がひたすらエロい事をされるお話
3リアクション
6話 / 2,956文字 / 0
1/24 更新