20 / 35

第20話 高田の想い

午後からバイトが出勤してきた。彼と店長に仕事を任せ、私は高田さんと食堂へ向かった。 三階にあるフードコートは、あまり混んではいなかった。もうすぐで午後二時、ランチタイムのピークは過ぎている。私たちはいつものように日替わり定食を頼んだ。 番号札を取り、窓側の席についた。ここに座ると、離陸する飛行機が見える。ちょうど高田さんの背後で、音を立てて青い機体が飛び立った。 高田さんは顎を撫でながら呟いた。 「なんか午後になると髭が伸びているような気がするんだよな」 気のせいですよ、と私は答えた。高田さんは毛深いからそう思ってしまうのだろう。 程なくして、私たちの番号が呼ばれた。料理を取りに行き、席に座る。箸を割りながら、高田さんが話しかけてきた。 「三浦。今夜、夕食もいっしょに食べないか」 「すみません、今日も用事があります」 「また、加賀谷か」 「ええ。加賀谷さんの家でご飯を食べます」 「それだけ?」 「他に、何があるんですか」 「聞いてみただけだ。そんな泣きそうな顔するなよ」 私は目を伏せた。高田さんの視線を感じる。高田さんは妙に勘が鋭いから、怖いときがある。 もしかしたら、私と加賀谷さんの関係に気づいているのかもしれない。 彼が味噌汁に口をつけた隙に、顔を上げた。いつもと同じように見える。何も察知できない。 こういうとき、場数を踏んでいたらわかるものなのだろうか。 経験がないというのは、何においても不利だ。 「仲がいいよな、おまえたちは。嫉妬してしまうよ」 「ああ。私が高田さんから、加賀谷さんを取ったみたいですよね」 「違うな。逆」 「え?」 聞き返したら、高田さんはご飯をほおばった。 彼が飲み込むまで、私は待った。 「俺のかわいい三浦を、加賀谷に取られた」 掴んでいた湯飲みを落としそうになった。 どこまで知っているんだ。探っているだけなのか。 高田さんは器を置くと、店内を見渡した。 「おまえが仕事に就いた頃だから、二、三年前だっけ。ここで加賀谷を紹介したんだよな」 私は頷いた。 「あのときも、私たちはこの席で食事していたんですよね」 確か、就職して一ヶ月ほど経ったときのことだった。 ふたりで昼食を取っていると、背の低い警備員が声をかけてきた。男性は遠くのテーブルにいたが、自分のトレイを持って高田さんの隣に座った。 高校のクラスメイトだと言って、高田さんは加賀谷さんを紹介してくれた。 警備員と話すのは初めてのことだった。彼らは仕事になると、集団でスタッフルームを出て空港内を歩く。厳しい顔で足早に歩く彼らを見て、頭の固そうな人たちだなと思った。 目の前に座っている加賀谷さんは、違う感じがした。 私と目が合うといつも微笑んだ。 笑った顔があまりにも幼くて、自分よりも年下に見えた。 「あのとき、俺が加賀谷のことをなんて言ったか覚えているか」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
蒼い炎
主人公の、幼馴染への初恋→同級生→行きずり?それぞれの恋の行方
69リアクション
14話 / 44,192文字 / 66
1/6 更新
もしも――おれだけを選んでくれていたら。ずっと傍に居たかった
42リアクション
11話 / 67,602文字 / 16
2019/5/29 更新
将来有望なヘタレモデル×暗い過去を持つマネージャーの恋物語です。
6リアクション
15話 / 68,805文字 / 40
2019/7/4 更新
完結
雨鳴き
休日の先輩は、思いもよらない恰好で蛙を追いかけていた。
242リアクション
10話 / 60,079文字 / 20
2019/10/9 更新
捻じ曲がった大人×捻くれた高校生
7リアクション
14話 / 77,521文字 / 0
1/19 更新
たとえ理解されなくても、幸せならそれでいい。