23 / 35

第23話 ふたりがひとつになるということ

聞き返す私の唇を、加賀谷さんは再び奪った。 顔を離すと、額を合わせてきた。 「キスしたあと自分がどんな顔しているかわかっているか。目がとろんとしていて、すげえやりたくさせる顔しているんだよ」 「加賀谷さんのキスがうまいからです」 「へえ、そうなんだ?」 加賀谷さんは笑みを浮かべた。 「昼間キスしたくないのは、これが理由なんだ。晴之の目を見たら抑えが利かなくなる」 「抱いてもよかったのに」 「ばか。俺にだって常識はある」 壊れ物を扱うように、加賀谷さんは私をそっと抱きしめた。 「俺に抱かれたら、晴之が男じゃなくなるような気がするんだ」 「女みたいになるということですか」 少し違う、と加賀谷さんは言った。 「男としての悦びを知らずに晴之は大人になるんだよ。人を抱くのがどういうことかわからないまま、俺に抱かれるんだ。そう思うと、こんなことしていいのかなって考えてしまう」 加賀谷さんは私のためを思うあまり遠慮していたのか。 うれしいと感じると同時に、未経験であることが悔しかった。もし私が誰かの肌を知っていたなら、加賀谷さんはためらわずに私を抱くことができたのだ。 「……童貞なんて、さっさと捨ててしまえばよかった。酔った勢いでいいから適当に誰かを抱いておけば、加賀谷さんはすぐに抱いてくれたんだ」 「晴之、逆だよ。俺も女を知らなければよかったんだ」 加賀谷さんはさみしそうに笑った。 きっと今まで抱いた女性のことが浮かんだのだろう。知りたいけど聞きたくない。加賀谷さんの幸せだったはずの過去にとらわれてしまいそうだった。 「お互い何も知らなければ、どんなことでも試して、ふたりで泣いたり戸惑ったりできたんだ」 「そんなこと言わないでください」 私は首を振った。できることなら、私を抱くことで昔の恋人などひとり残らず忘れてほしい。 そう願うけれど、加賀谷さんには昔の自分の恋愛を否定しないでほしい。結局壊れてしまった愛でも、恋焦がれたときは確かな気持ちのはずだからだ。 でも、口にすることはできなかった。初恋が実ったばかりの私に、恋愛の何がわかるというのか。 とにかく、加賀谷さんは今のままでいい、と伝えたかった。 「ふたりとも初めてだったら不安で仕方ないですよ。どちらかが教えてもらった方がうまくできると思います」 「晴之。こういうことのうまい下手って、技術ではないんだよ。相手のことをわかってやれるか、自分の気持ちが伝えられるかどうかなんだ。俺は躯だけではなく、晴之と心もつなげたい」 私たちはふたりの人間なのだから、別々の心を持っている。 躯をひとつにする方法は知っている。でもそれと同じ方法で心もひとつにできるなんて知らなかった。 「抱き合えば、心もいっしょになれるんですか」 「ああ。相手の心が躯ごと、自分の中に入ってくるんだよ」 私の中に加賀谷さんの心が入ってくる。想像しようとしたけれど、できなかった。わからなかったけれどしてみたいと思った。 抱き合えば、加賀谷さんの心も躯も感じ取ることができる。 加賀谷さんは服の上から、私の胸を撫でた。手のひらをゆっくり動かしている。 私の心音から、私の心を読み取ろうとしているようだった。 「晴之には、ちゃんと自分の気持ちを言ってほしいんだ。怖いなら、何が怖いかはっきり言ってほしい」 昨夜の愛撫を思い出した。愛しいものを大切に扱う動きだ。 加賀谷さんは私の両手を握りしめた。 力を込めていなくても温もりは確かに伝わってくる。 「このままだったら、晴之は俺の思うままにされちゃうんだよ」 「それでもいいんです」 「本当に?」 首をかしげて、加賀谷さんは私の顔を覗き込んだ。 幼子を相手にするような穏やかな表情だった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

異母兄に執拗な弟と妹と妹のカレシの一人称視点×3の話。
5リアクション
5話 / 41,970文字
2018/3/11 更新
チビの攻めと高身長受けのデコボコ王道ラブストーリー。
622リアクション
57話 / 160,766文字 / 557
2018/9/4 更新
番犬みたいな男とその弟分の能天気青年が神経質な美人を性的にハラスメントする話。
3リアクション
8話 / 59,735文字
2018/8/26 更新
もしも――おれだけを選んでくれていたら。ずっと傍に居たかった
42リアクション
11話 / 67,602文字 / 16
2019/5/29 更新
長い時を一途に番を思い続ける龍王と幾度も転生しながら添い遂げようとする千早の恋物語です
1,134リアクション
17話 / 12,236文字 / 0
4時間前 更新
イケメン俳優×喫茶店の少年。彼の前でなら、本当の自分を見せられる。
54話 / 12,969文字 / 0
2時間前 更新