26 / 35

第26話 俺のものになれ、晴之

「笑わないでください。変わるのがいやなんです。加賀谷さんにも変わってほしくない」 俯いて私は話した。 「大人の世界には憧れています。でも、今みたいなやさしい加賀谷さんでいてほしいです」 「安心しろ、晴之」 息を整えてから、加賀谷さんは思い切り私を抱きしめた。 「ひとつになったら、俺たちはもっとあったかくなれるんだ」 「本当に?」 「ああ、すごく相手が愛しくなるよ」 「……どんな風になっちゃうんだろう」 今だって、あふれそうなほどの思いを持て余している。更に深い愛情が持てるなんて知らなかった。 「すごく気になるだろ、晴之」 「うん」 私は力強く頷いた。 「いっしょになったら、もっと加賀谷さんのことが好きになれるんですよね。考えただけでどきどきしてきます」 湧き上がってくる昂ぶりを抑えたくて、私は何度も胸をさすった。その手を、加賀谷さんがしっかりと握る。 加賀谷さんの手は、私の手よりも、ずっとずっと熱かった。 「抱かれているときに不安になったら、こうやって抱っこしてやる。だから……」 「……ん、ん……」 突然の熱いくちづけに私は息を乱した。加賀谷さんの指先が私の背中を滑る。辿った跡が痺れるように疼くので、私は身悶えした。 強く、腰を引き寄せられる。漆黒の潤んだ瞳に見つめられた。 「俺のものになれ、晴之」 「はい、あなたのものになります」 加賀谷さんの背に腕を回して、私は息を吐いた。もう、身体は震えていなかった。 ほのかに燈るろうそくの灯りのような温かい心があふれてくる。こんな気持ち、さっきまでなかった。 これが、加賀谷さんが私にくれた愛情なんだ。 こんなに心地よい思いを与えくれるんだから、思うがままに私を抱くことはないだろう。包み込んでくれるような愛を私に送ってくれるはずだ。 「あのさ、先に言っておくけど、俺だって十回に一回は、獣のようになるからな」 「え!」 「そのときは、いつもより愛情たっぷりのアフターケアをするよ」 「うん、ありがとう」 いつか泣きながら抱かれる日がくるかもしれない。それでもいい。 淫らで荒々しくなっても、加賀谷さんには変わらない。 今ここにいる頼もしい男といっしょなんだ。 甘えるように、私は加賀谷さんの頬に自分の頬を擦りつけた。加賀谷さんは私の背中をゆっくりと叩いていた。 ふと、その手が止まった。 「晴之。ふたりでお風呂に入らないか」 「いいんですか」 「ああ、いっしょに入るのが俺の夢だったんだ」 加賀谷さんは立ち上がると、力強く私を引っ張った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

超エリート傲慢操縦士×正統派真面目な整備士のドタバタラブ。
1,115リアクション
23話 / 36,158文字 / 46
2019/11/20 更新
fujossy小説大賞応募中☆俺様魔王サマが可憐な吸血鬼にドハマりする話♡
470リアクション
14話 / 32,784文字 / 100
2019/10/17 更新
5年前のあの少年が20歳になって智也の前に。因果な巡り合わせか運命か。次第に惹かれ合う歳の差カップル
740リアクション
71話 / 38,344文字 / 40
12時間前 更新
おっちょこ御曹司✕勝気な元ストリッパー。愛を解くレッスンオメガバース。
470リアクション
10話 / 8,235文字 / 0
2019/12/18 更新
田舎育ちの純朴大学生と不憫ホームレスおじさんの切なくもどかしく優しい物語。
461リアクション
26話 / 24,045文字 / 40
1時間前 更新
誰も僕に近づかないで
172リアクション
12話 / 10,975文字 / 0
3時間前 更新