28 / 35

第28話 いやらしいところ

親指以外の指で、泡を擦りつけるように皮膚を撫でる。 「ん、あ……」 いつもは閉じられている箇所が、丹念に洗われていく。 奥が震えた。内壁が弄られるのを拒むかのように収縮する。 私は何度も下半身を震わせ、背をくねらせた。 自分の知らないところを暴かれている。羞恥が、絶え間ない快感を引き起こす。 窄まりは全く刺激を受けていないのに、周囲をまさぐられるだけで感じてしまう。腰が疼いてたまらない。 きっと、私の躯は全てわかっている。 これから犯されることを、生まれながらの本能で感じ取っている。経験がないはずなのに、貫かれることを望んでいる。 私は、なんてはしたない男なんだ。 媚びるような声しか出せない。いやとか、だめとか言っているのに、これでは、おねだりしているみたいじゃないか。 ふと気づくと、加賀谷さんの両手が私の腿をさすっている。何か意図しているのではないかと思った。 私は彼がどんなことをするか期待するようになっていた。 「ああ……こんなになったのは、あなたのせいだ」 加賀谷さんの片手を両手で掴んだ。しかし力が入らず、泡で滑って捕まえられない。その隙に、加賀谷さんは再び、私の胸の先端を突いた。 どちらの突起も、加賀谷さんが触る前から鮮やかに色づいている。 先端の中央にできた小さな窪みに、加賀谷さんは指を入れた。突起は反発するかのように、硬くなった。 「そうじゃないでしょ? 感じちゃう晴之が悪いんだろ」 赤く染まった尖りを加賀谷さんは指先で倒すように捏ね繰りまわした。 「違う、ん、違う……悪いのは加賀谷さん、ああ」 「寿さんって呼べよ。お仕置きしないとわからないかな」 「やめてください……もう出ない、ん」 加賀谷さんは私の中心を握った。揉み出すように手のひらで扱かれた。瞬く間に私のそこは質量が増していく。 「いやだ、あ……あ」 程なくして、先走りが零れてくる。 「あれ、ぬるぬるしてきた。もう、出ちゃったのかなあ」 ゆっくりとした高い声だった。幼子に話しているような口調だった。愛されるときまで子供扱いされるとは思わなかった。 わずかに残っていたプライドが刺激された。 「こんなの……感じません。泡のせいです、ん、あ――」 「我慢強い子だな。泣いちゃっても知らないよ」 「あ、んっ」 「ほら、ぐちゅんぐちゅんになっているよ」 快感に、躯が火照っていく。あそこが熱い。 「そろそろ、いいかな」 「えっ――う、ん」 窄まりに指が入ってくる。滑りがよくて、私の中はすぐに二本の指を受け入れた。 「温まったからいい具合にやわらかくなっている。思った通りだ。風呂場なら解しやすいな」 「そんなことを考えていたんですか、くっ……ん」 中を広げるように、加賀谷さんは指を動かした。お腹の中がくすぐったい。 「いや……動かさないで」 逃げようとして、私は腰を浮かせた。四つん這いになったところに加賀谷さんが被さってくる。 指は抜いてくれなかった。もう片方の手は屹立を扱いている。抜き差しされると、膝が震える。 「……ああ!」 ある一点を擦られ、躯が跳ねた。一瞬、背がしなった。 「へえ、晴之の一番いやらしいところは、ここか」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

幼馴染みの秘密を目撃したサワ。一緒に目撃した長谷部が襲ってきて、つい気持ちよくなっちゃって!?
299リアクション
30話 / 93,432文字 / 470
2018/9/5 更新
番犬みたいな男とその弟分の能天気青年が神経質な美人を性的にハラスメントする話。
3リアクション
8話 / 59,735文字
2018/8/26 更新
貿易商×男娼。色町に男娼、長谷凛一は存在した。時は大正、激動の時代に夜毎咲き乱れるようだった。
45リアクション
17話 / 55,598文字 / 40
2019/5/17 更新
行方不明の母が引き合わせたのは、俺の知らない兄弟だった。じわじわと近づく真実にやがて禁忌の匂いが。
121リアクション
9話 / 9,955文字 / 0
1/15 更新
長い時を一途に番を思い続ける龍王と幾度も転生しながら添い遂げようとする千早の恋物語です
1,134リアクション
17話 / 12,236文字 / 0
4時間前 更新
田舎育ちの純朴大学生と不憫ホームレスおじさんの切なくもどかしく優しい物語。
461リアクション
26話 / 24,045文字 / 40
1時間前 更新