31 / 35

第31話 ひとつになる

中が裂け、出血したように感じた。無意識に首を振ってしまい、後頭部を床に打ちつけた。 腰が痺れてくる。中で脈打つ加賀谷さんのものの圧倒的な質量に息ができない。 「入った……入ったよ、晴之」 見上げると加賀谷さんが大きく息を吐いていた。加賀谷さんを見ようとしたが、焦点が合わなかった。 私の中にいる加賀谷さんのものが、びくりと震えた。 「ん、ん」 「あ……俺がちょっと動いただけで感じちゃう?」 「うん、ん……感じる。奥が……あ、痺れたみたいになる」 中から、加賀谷さんの息遣いが伝わってくる。自分たちが繋がっていることを実感した。徐々に視界がはっきりして、加賀谷さんの表情がわかった。 愛おしそうに私を見つめている。目が合うと微笑んでくれた。その笑顔はいつも見せてくれる穏やかな表情とは少し違った。 むせかえるほどの色気が漂っている。汗と蒸気で潤んだ肌は、うっすらと桃色になっていた。 私は手を伸ばして、額にかかっていた加賀谷さんの前髪に触れた。湿っているけれどやはり硬かった。つんつんした感触は、普段の加賀谷さんと同じだった。 その手触りに安心して、私は息を吐いた。 躯から力が抜け、自分を貫くものの逞しさを感じた。 私だって男だから、張り詰めた自分のものを触ったことは何度もある。でも、こんなに強い力はなかったと思う。 恐る恐る、合わさっている箇所を見た。私の腰は折り曲げられていたから、そこは容易に覗くことができた。 加賀谷さんの欲望は、深く、深く、私を貫いていた。 限界以上に広がりながらも、私の窄まりはおいしそうに彼のものを飲み込んでいる。 視線を上げると、入りきらなかった加賀谷さんの褐色の根元と濃い下生えが見えた。 「あ、あ……本当に、くっついている」 「そうだね、くっついちゃったね」 驚く私を、加賀谷さんは面白そうに見つめている。私は両手で加賀谷さんにしがみついた。 「すごい……中で……どくんどくんて、いっている」 「俺も、晴之を感じるよ。熱くて潤んでいる。しばらくこのままでいようか。晴之の躯が馴染むまで待っていよう」 「うん。それなら……お願い」 私は、加賀谷さんの唇を奪った。 「たくさん、キスしたい」 「うん、いっぱいしよう」 貪るように、深いくちづけを交わした。 舌を差し込まれたら、感じてしまうから、貫く加賀谷さんのものを締めつけてしまう。その度に、加賀谷さんは呻いた。 加賀谷さんの舌を吸う度に、彼の躯から精液を搾り取っているように感じた。 音を立てて唇を離すと、加賀谷さんは私の頭をやさしく撫でた。 「晴之。いい子だから、もう少しがんばろうな」 「うん、ん……ああ」 私の両膝を抱え、加賀谷さんは腰を動かした。 引き抜かれたとき奥が疼いた。差し込まれると中がいっぱいになる。力強い加賀谷さんの欲望を受け止めるのがやっとで、すぐに私の呼吸は乱れた。 「ん、ん――」 「くっ、すごい締まる……」 加賀谷さんはゆっくりと抜き差しをする。気遣っているのがわかる。 大丈夫と言いたいのに、声が出なかった。 あるところを抉られたとき、更にきつく中が締まった。中が引き攣ったような感じがする。加賀谷さんは唸った。 彼の硬い欲望がひときわ、大きくなる。更に奥へと進んでくるので、私は彼の腕を掴んだ。 「いや……あ、ああ」 「ここだろ……いっぱい、擦ってやるからな」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

性奴隷にされた男達の数奇な運命«R18»
221リアクション
12話 / 74,407文字 / 403
2017/5/21 更新
【本編完結】ベータ×オメガ|俺がアルファだったらよかったのに(R18)
165リアクション
13話 / 73,784文字 / 178
2019/12/25 更新
もしも――おれだけを選んでくれていたら。ずっと傍に居たかった
42リアクション
11話 / 67,602文字 / 16
2019/5/29 更新
ヘタレ×筋肉のほのぼのエッチ
7リアクション
16話 / 26,607文字 / 0
10時間前 更新
連載中
His color
妄想を吐き散らして最上川
6話 / 4,491文字 / 0
1/14 更新
仕方ないよね、僕はΩなんだもの。虐げられた駿は、我儘御曹司αの伊織に振り回されるうちに変わってゆく。
127リアクション
224話 / 56,620文字 / 0
1/20 更新