32 / 35

第32話 ごめんな、すごくいいよ

「やめて、あ、あ、あ」 短く悲鳴を上げながら、私は首を振った。加賀谷さんの背中に爪を立てた。 「ごめんな、くっ……すごく、いいよ」 笑顔で、加賀谷さんは私を犯した。 泡まみれの私の尻は、加賀谷さんの動きに合わせて床を滑った。 加賀谷さんが弱く挿れると、私の背は曲がる。抜けば背はしなり、強く貫けば腰がくねった。 淫らな抽挿に躯が揺さぶられる。官能の波に襲われ、溺れてしまう。 こんなに激しくされたら、おかしくなる。もう、今までの私ではなくなってしまう。 「あ……晴之、はあ、あ……」 息を荒げ、眉を寄せて、加賀谷さんは私を見下ろしている。獰猛な目つきだった。闇夜のような黒い瞳だった。 「もっと、もっと……壊してやるよ――」 「う、ん……壊して……」 加賀谷さんの脈打つ命そのものが、より感じるところまで進入してくる。 躯の深い奥で彼と交わった。律動が更に乱暴になっていく。 痛みに悶えて悦び、私は腰を揺らした。 「あ……あ」 掠れた自分の声が浴室に響いた。私は手を伸ばして、加賀谷さんの額に滲む汗を拭った。 「ここも……食ってやる」 加賀谷さんは私の手を取り、指に歯を立てた。人差し指をしゃぶられ舌を使って強く吸われた。 傷口に唾液が染みる。腰と指先に、痺れるような快感が走った。 「あ――ああ、うますぎて、中毒になる、くっ」 「よかった……あ、あ」 「きれいだよ、晴之――」 きれいなのは加賀谷さんだ。全身を使って私を愛してくれる。 私に昂ぶりを挿し込む度に、肩の筋肉が盛り上がる。引き抜く度に、腹の筋肉が更に引き締まる。 私の中を抉る度に、胸の筋肉が上下している。 躯を動かす度に彼の汗は光る。肌に宝石が散っているみたいだ。 永遠にこの姿を見ていたい。もっと感じて、もっと淫らになってほしい。私は腰を揺らしつづけた。 「ああ、う、あ――」 獣のような声で吠えながら、加賀谷さんは欲望を突き刺してくる。高い声で喘ぎながら、私は背を仰け反らせ、尻を震わせた。 絶え間なく蜜を零していた私の屹立を、加賀谷さんは指で刺激した。 「ああ、あ……」 私は精を吐き出した。白濁が顔にまで飛び散った。こんなにいっぱい出たのは初めてだった。 「あ、ん、ん……」 私の中が無意識に大きく痙攣する。奥への放出を促すような動きだった。動きに合わせて、大きくて硬い加賀谷さんのものが深いところまで進んでくる。 「ん、ん――」 大きく身を震わせ、加賀谷さんは私の中で達した。 「あ……」 注がれたものがあまりに熱くて、下腹と腿が痙攣した。 「く、うう……」 深々と私を貫いたまま、加賀谷さんはゆっくり腰を揺らした。呻きながらも、下半身を動かしている。 思わず、結合部を見た。赤々とした私の秘所と、加賀谷さんの屹立の間から、白濁があふれ出した。更に、加賀谷さんは腰を回した。私の中をかき混ぜるような動きだった。 ぐちゅ、ぐちゅ、と音を立てながら白い蜜が零れ出す。 「だめ、あ……ああ」 なぜか私は叫んでいた。何がだめなのだろう。中に出されるのがいやなのか。それとも、一滴も洩らさず自分の体内に残したかったのか。 自分でもわからないまま、私は首を振った。私の尻を伝い、加賀谷さんの精液は床に落ちていった。 それでもまだ加賀谷さんは腰を振っている。残滓までも私の奥に流し込もうとしている。 「ああ……」 喘ぎながら、私は目を閉じた。一瞬、加賀谷さんが笑ったように見えた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

誰にも心を開かないヤンデレ少年とマジメ不良のSM有小説 病んでる要素よりコメディが多いです。
577リアクション
57話 / 135,696文字 / 402
2018/9/5 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する委員長様の願いは、叶うのか?
1,565リアクション
43話 / 34,223文字 / 66
20時間前 更新
fujossy小説大賞応募中☆エクレアコミック様でコミカライズ化して頂きましたー♡
556リアクション
14話 / 30,431文字 / 20
6時間前 更新
おっちょこ御曹司✕勝気な元ストリッパー。愛を解くレッスンオメガバース。
470リアクション
10話 / 8,235文字 / 0
2019/12/18 更新
振り回される人間×押しかけ狐のちょっとエッチな(?)ラブコメディ
78リアクション
20話 / 44,081文字 / 0
1/20 更新
田舎育ちの純朴大学生と不憫ホームレスおじさんの切なくもどかしく優しい物語。
461リアクション
26話 / 24,045文字 / 40
1時間前 更新