362 / 362

あとがき

 この度は「と或る画家と少年の譚」を読んでくださいましてありがとうございますー安定の悲恋です_(┐「ε)_  ってことでボソボソ言うと、  翠也のイメージは、着物着た団地妻の凌辱でっす  堪忍が言わせたかった、ただひたすら言わせたかった。勘弁じゃダメなんです、堪忍です  なんか色っぽいので  卯太朗のイメージは、どクズ( ̄∀ ̄)  それ以外のイメージはありません。まぁ…うん、出来の悪い子ほど可愛い感じで気に入ってはいます  ただ、まぁ……南川邸を出た卯太朗くんが一生清いまま過ごしたわけではないことだけは書いとこうかな  ではでは、ありがとうございました! Kokonuka.

ともだちにシェアしよう!