1 / 9

ヒミツ 前編(オメガバース)

「俺、Ωだった」 朝倉 頼人(あさくら よりと)は、この世の終わりのように絶望し、青白くなった顔色を隠す事なく友人の景(けい)に向き合った。頼人の発言に景はスマホを触る手を一瞬止めた。頼人の表情を見つめると、聞き間違いではないと判断した。 「…まじかよ。現象って有り得るのか?何かの間違いじゃないのか」 「何度も確認した。βからΩになる事なんて稀な事らしい」 頼人は深く溜息を吐いて目を隠すように手で覆う。 「今すぐ逃げ出したい」 頼人はずっとβだと思って生きてきたのだ。 そんな中、Ωは生きづらいだろうなと他人事のように思っていた。 そして体調不良が続いたのがきっかけで病院に行くと原因不明でΩに転身していたのだ。 先生に問い詰めて同じ検査を何度も何度も行ったが出る結果全て同じだった。 もう平気で大学や街を平気で歩けないのか。 ヒートが来たらαの視線から逃げて怯えて生きていくのか。 そういう未来が想像できてしまって一瞬にして息が詰まった。こんな事誰にも言いたくないし、知られたくない。 こう素直に受け入れられないのはαが嫌いだからというのも一つの理由だった。Ωを支配する存在のαが怖くて自分が何かされたわけじゃないが嫌悪感が拭えなかった。 頼人はチラッと目の前の男を見る。頼人が弱った態度を取っている事に景は、困り果てて何と声を掛けたらいいか分からない表情だった。 「いきなり変な事言って悪い。こんな事同じβだった景にしか言えなくて」 「今更なんだよ。頼ってくれた方が嬉しいに決まってるだろ。まぁ大丈夫だよ。何かあったら直ぐに俺が助けてやるから」 「…ありがとう」 弱った頼人を慰めるようにポンッと肩に手を置くと、嫌な顔せず無邪気に笑う景に少し頬が赤くなるのが分かった。 頼人は景にバレないように顔を背けて下を向く。 景はきっと幼馴染とも呼べるし、親友と言っていいほど長い付き合い。頼人と景は小学校からの仲だった。 そんな景に恋愛感情が芽生えたのはきっと中学の頃だ。きっかけはなんだったのか忘れるくらい、会えば会うほど毎度景に対して惚れていく自分がいた。 小学校も高校も大学まで同じで、常に一緒に行動している。 景は誰にでも優しくて、一緒に居て落ち着く存在なのは今も昔も変わらない。一緒に居てくれるだけで幸せだった。 今、この気持ちを伝えたら一瞬で糸が切れる事なんて分かっていたことだ。だから言わない。それでもこの感情はどんどん大きくなる。 後は俺の受け止め方の問題になる。 …景はいつか彼女を連れてくるだろう。 大学生になっても景が彼女の気配を感じないのは謎だった。洗練された顔立ちと爽やかで誰にでも平等に接する景がモテない訳がない。 けれど女子と居る所も見たことあるけど、お互い何でも話してきた仲なのに彼女が出来たと聞いた事がなかった。 「(俺がΩなら…景がαだったらいいのに)」 αの事が嫌だと思う反面、これを利用して意地の悪い事が横切る。勝手にαの事を毛嫌いしておいて、自分勝手な男だと我ながら思う。 「とりあえずヒート近付いたら大学休めよ。いつどんな時にヒートの予兆が現れるって先生から聞いたのか?」 「実は体調不良がヒートの前触れらしくて、いつ起きてもおかしくないって言われた。だから明日から数日休むかもしれない」 「分かった。一人じゃ辛いだろ?学校終わりに来るよ」 「いや、いい。いくら景がβでもどうなるか分からないし、俺も怖いから一人で居たい」 それは本心だ。Ωの発情期がどういうものなのか知らない。理性を無くして景を襲ったりと想像しただけでゾッとする。 それにいくらβでもΩのフェロモンに惹きつけられるくらいΩの発情期は底知れずだ。 そう告げると景は眉間を寄せて無理するなよ、と優しく言ってくれたのだ。 *** 翌日、身体が火照りじんわりとした汗をかいて目が醒めた。 時間を見ると既にお昼を過ぎていて、昨日食材を買い占めて良かったと思った。初めて体験するのに、これは発情期の前兆なんじゃないかと感じた。 凄くゾワゾワする。体調不良などの風邪の症状とは違う感覚。今すぐに沈めたくなる感覚。 「これが前兆?嘘だろ、もっとこれから酷くなるのか?」 頼人は我慢できずにズボンに手を突っ込み、後ろめたさを忘れ触れようとした時だった。ベッドの上に置いていたスマホの振動でビクッと驚いて手を引っ込めた。 「っ…誰」 スマホの画面を確かめると景からの着信だった。 「もしもし?」 『よっ。体調どうだ?』 「先生の言っていた通り。昨日買い貯めして正解だったわ」 『…へぇ。本当に来たんだ。実は俺も気になって今家の前に来てる』 来てる?来るなって言ったのに。こんな状態で景に会いたくない。 電話越しに響く景の声ですら頼人を全身奮い立たせるくらい背筋がゾワッと粟立つ。すると部屋にチャイム音が部屋に鳴り響き、仕方無しに怠い身体を起こした。 本当に来たんだ。こんな状態で会いたくない。怖い。 そんな気持ちがグルグルと回るが、ずっと響くチャイムを止めた方フラつきながら玄関へ向かって扉を開けた。 「景…。何で来てんだよ」 「辛そうだな。取り敢えず家に入れて」 「いや、入れてって、おい」 景はいつもと変わらない笑みを浮かべ、頼人の肩を押して家の中に無理矢理入れ込まれた。 少しフラついても景が支えてくれた。 すると頼人は肩に触れられた景の手の感触と自分の体の熱と反して、ひんやりと冷たい温度にビクッと勝手に反応してしまう。 そしてその時にフワッと嗅いだ事のない匂いが景からして自然に景の方へ近寄る。 あれ、景ってこんな匂いだったか?βの景は落ち着く匂いで、鼻に付くような匂いじゃなかった。何だこれ。 「景、何か匂いが違う?…香水なんて付けてたっけ?」 そういうと頼人をリビングに引っ張ろうとしていた景はピタリと動きを止め、振り返ると家の鍵を閉めた。 そのまま頼人の手を掴んでスタスタと歩き慣れている道順でベッドの方へ辿り着くと押し倒されたのだ。

ともだちにシェアしよう!