2 / 135

キミの囁きに、震える。 【2】

 もっと、もっと欲しいんだ。  身悶えながら求め、ただ目に映すのは土岐の綺麗な黒瞳だけ。  それだけを見つめ、官能に震える唇から『もっと』と唇の動きだけで伝えれば。眼鏡の奥の瞳がそれとわかるほどに見開き、ゆっくりと艶麗に細められる。 「俺に、こうされるのが、好きか?」  頬を撫でながらの、密やかな問いかけ。 「うんっ、土岐が……お前の指が、いいっ」  その優しい声が嬉しくて、ちゃんとわかってもらいたくて。頬に触れる手に手を重ね、正直に言い募る。 「ん、良い返事だ」  それが伝わったのか、形のいい唇が満足げにつり上がり、さらに先端への刺激が強くなった。 「はっ……あっ、ぁんっ」 「こっちにも、欲しいんだろう?」 「んぁっ……あぁっ……そっち、も? ふっ……んっ、んんっ」  艶やかに低く尋ねられた時には、もう片方の先端も、きゅうっと摘み上げられていた。  素直になった褒美として与えられたのだとわかる、その刺激に。腰まで突き抜けるような快感に。涙で滲んだ目元をそのままに、うんうんと激しく首を縦に振り続けるしかない。 「そういえば、ユニフォーム姿で乱れるお前を見るのは、これが初めてか。ふふっ、なんだか新鮮な気分だな」 「んっ……今日は、練習試合の後だからじゃん。あっ、ふぁ……あぁっ」 「だな。けど、練習用のTシャツ姿よりも、こっちのほうがどこかエロく感じるぞ。お前」  左右の胸の粒をくにくにと弄りながら、土岐が愉しそうに笑ってるが、俺こそ新鮮な気分だ。  普段は、度が過ぎるほどにストイックな印象の土岐が、ユニフォーム姿でこんなに淫靡に笑ってるところなんて誰が想像するだろう。  土岐が、いつも『可愛い』と言い、丹念に可愛がってくれる胸の突起。  ふたつの粒を長い指が順になぞり、きゅっと摘み上げれば、背筋が伸びて息が上がっていく。  捏ねながらギュッと押し潰される刺激に声を上げ、身を震わせる俺に意地悪な言葉が投げかけられる。  そうして、また立ち上げた粒を際限なく可愛がっては、俺をトロトロにおかしくさせていくんだ。 「あぁ、土岐ぃ……はぁっ……あっ」 「可愛い。もっとその声、聞かせろよ」 「ぁんっ……あっ……はぁ、ああぁっ」  あぁ……この刺激、マジで好き。

ともだちにシェアしよう!