8 / 135

キミの視線に、乱される。 【4】

「は? お前が?」 「えっ、武田くんも行くの?」  土岐と白藤ちゃん、ふたりが同時に俺を見た。  つか、俺を見た土岐の眉間に、くっきりとしわが寄ってる。急に立ち上がって驚かせたことを割り引いても、かなり不機嫌そう。 「お前も一緒に行くのか? 何組に用があるんだ」  あ、しまった。ふたりの仲のいいやり取りを聞いていたくなくて、つい割り込んじまったけど、なんも考えてねぇ。  訝しげに向けられるきつい目線に、早く何か答えなきゃだ。  仕方ない。ここはひとつ、『あの人』の名前を出そう。 「いっ、1組! 3年1組! だから、俺も一緒に……」 「1組っ? 武田くん、ずるい! なら、チカも一緒に行く!」  俺の言葉の途中で、今度は秋田が飛び上がるように立ち上がった。 「1組に用だなんて、いっちゃんに会いたいからに決まってるじゃん。抜け駆けは許さないからね。チカも行くんだからっ」  その通り、3年1組は、宮城壱琉《みやぎ いちる》先輩がいるクラス。  宮城先輩は、フェロモンたっぷりの綺麗な顔と、その美形顔に似合わない仏頂面と毒舌がすんげぇカッコいい、俺の憧れの先輩だ。  そんで秋田が、ちっさい頃からめちゃめちゃ慕ってる幼なじみでもある。 「あー? 秋田も、一緒に行く? 俺はさー、『今日もめちゃめちゃ憧れてます』って言いに行くんだぁ」 「行くよっ。てかチカは、いっちゃんの大好物を手作りしてきてるから、それを渡すの」 「えっ? 宮城先輩の大好物って何? 知りたい、知りたいっ。是非、俺にも教えてく……」 「お前ら、うるさい。そんな用、今じゃなくてもいいだろっ」  秋田と顔を見合わせ、浮き立った気分で交わしてた会話が、唐突にさえぎられた。声の主、土岐を見れば、硬質な目線が俺らに返ってきてる。 「こっちは真面目な用で行くんだぞ。というか、真剣に学園祭の打ち合わせしろよ。実行委員だろうが。――行こう。白藤さん」 「あっ、はい。あのっ、ふたりとも、後でね!」  冷たい口調で言い放って、さっと背中を向けた土岐を、慌てて追いかける白藤ちゃん。その白藤ちゃんを途中で立ち止まって待って、並んで歩き出した土岐。  あれ? 俺、いつの間にか置いてきぼりになってる。なんで?  結局、仲良く並んだふたりの姿を見せられてる。どうして? 「あーあ、置いてかれちゃったねぇ、チカたち。じゃあ、まずは打ち合わせの続き、しよっか。真面目に」 「……うん」  また、空気の読めない脳天気な馬鹿って思われたよなぁ、俺。  去り際に土岐が向けてきた視線、めっちゃ冷たかったもんな。  絶対、思われただろうな。『むかつく、お邪魔虫』って。絶対……。

ともだちにシェアしよう!