18 / 135

キミの背中に、手を伸ばす。 【10】

 土岐が、俺を抱きしめてる。  これ、夢じゃないよな?  だって、ちゃんと感じるもん。俺の腰と後頭部に、土岐の手の感触を。  最初、ふわっと背中に回されたその手はすぐに腰と後頭部に移動して、そのまま強めの密着が持続してる。でも、それはどうして? 「……土、岐?」  今、自分が置かれてる状況について尋ねたい。けど、突然与えられた好きな相手の温もりに全身が硬直してる。上手く口が動かせない。相手の名前を呼ぶのが、精一杯だ。  わけ、わかんない。『褒美』って、何? 『俺のため』って、どういうこと?  よく考えろ、俺。まずは、この体勢についてだ。  これは、間違いなく抱きしめられてる図。土岐が、俺を。男が男を、だ。  けどさ、俺は土岐のこと好きだけど、土岐にとっての俺は単なる幼なじみ。バスケ部のチームメイト。友だちでしかない。  てことは……あ、そっか。  なんだ。これ、ただの『友だちのハグ』か。  そっか。そうだよ。俺に、ねぎらいのハグをしてんだよ。  ねぎらいだから、御礼に欲しいモノを今から言うってことなんじゃね?  それしか考えらんないよな。なんだ。あっさり解決したわ。すっげ、紛らわしいけど!  ほんと、紛らわしいよ。俺、めっちゃテンパっちゃって恥ずかしいじゃん。 「……ははっ。土岐ってば、いつからアメリカナイズされちゃってたん? フレンド的ハグ、いきなりでびっくりしちゃっ……あれ?」 「武田っ?」  この体勢の理由が判明して極度の緊張が解けた俺の身体は、カクンっと膝を折って脱力し、へなへなと床にくずおれてしまった。 「おい、大丈夫か?」  ありゃ? 変だな。俺がぺたんと床に座り込んでも、土岐の手が離れてない。  俺の身体を支えながら、同じように屈んだからだ。  そして、覗き込んでくる顔は変わらずに近い。どういうわけか。  てかさ、俺、もう駄目。  さっきハグの謎解きでめちゃ高速で頭使ったし、今も密着が続いてドキドキしてるし。ほんと、色々限界。  『友情のハグ』とか、マジ勘弁。  こういうのさ、すげぇつらいんだよ。もう、この触れ合いから解放してほしい。  よし。もう、言う。はっきり言う! 「武田。もしかしてお前、まだ気づいてな……」 「あー、土岐さぁ。俺ってばピュアなジャパニーズ男子だからさ。こういうボディータッチ風の友情表現には慣れてないんだよ。だからさ、この手……そろそろ離して、くんね……かな?」  はっきり言うはずが、ちょっと声が震えた。  けど、床を見ながら頑張って伝えた。俺の背に腕を回し、身体を支えてくれてる相手に。  これ以上ドキドキして、お前に俺の気持ち感づかれる前に、離れたいんだ。 「武田、俺を見ろ。今すぐに」 「え……」  真上から落とされた命令。  大好きな声に言われてしまえば、離れたいと思っているのに、つい素直に従ってしまう。  そうして見上げた土岐の瞳には、さっきと同じ“色”が浮かんでいた――――昏くて綺麗な黒色が。 「と……」 「もう、黙れ」  そして、言葉を封じるように、親指が俺の上唇に乗った。 「お前が喋っていい言葉は、ひとつもない。余計なことも何ひとつ考えなくていい」  ひそやかな声と、上唇をつうっと横に滑っていく指の感覚に、身体が再び固まっていく。 「ただ黙って、一度、頷くだけでいい」  ぼうっと暗い闇の中で土岐の薄い唇が綺麗につり上がり、妖艶な笑みを俺に落としてきた。 「俺に褒美、くれるだろ?」

ともだちにシェアしよう!