19 / 135

キミの熱に、焦がされる。 【1】

 昏い黒瞳が、俺を真っ直ぐに射抜いてくる。絡め取るように。  えーと、今、なんて言われたんだっけ? 『ただ黙って、一度、頷くだけでいい』  頷く? そんなの、簡単だ。『うん』って首を縦に振ればいいんだろ? でも、なんで? 『俺に褒美、くれるだろ?』  褒美? 褒美って、あれだよな。飲み物のこと……ん? 違った?  あれ? 何だったっけ。そういえば、具体的なことは聞いてなかったかもしんない。  土岐が望む、褒美。俺の好きなヤツが、欲しがってる物。  うん、いいよ。なんか、この体勢の理由とか、色々とわかんないことはあるけどさ。お前が『欲しい』と思ってる物があるなら……何でも、あげる。  結論は出た。だから、こくんっと頷いていた。土岐の目を見ながら。 「ん、いい子だ」  その途端、絡め捕られたまま外せない視線の先で黒瞳が妖しく煌めき、細められた。  俺の上唇をなぞっていた親指が下に滑り、曲げた人差し指とともに今度は顎に添えられる。  ん? なんか……近い、よ?  土岐の顔がさ、近づいてきてんだよ。  うわわわっ、マジ近いって! なっ、なんなんだよ。どうなってんのっ?  混乱したまま、ぎゅっと目を瞑った。 「……おい。この手、離せ」  え? 「わっ、うわわわっ! ごめんっ!」  土岐の声に、ぎゅっと固く瞑っていた目を開け、その途端に見えた俺の手の位置にびっくり。謝りながら、慌ててその手を引っ込める――――土岐の顎から。  俺、あまりにテンパりすぎたせいか、無意識に土岐の顎を掴んでグイッと上に持ち上げてたみたいだ。 「ほんと、ごめんっ!」  俺っ、何してんだ?  てかさ。てかてか! かすった。かすったんだよ!  唇! 土岐の唇が、俺の唇に!  こう、ふわっと乗ってきて! そんで俺、わけわかんなくなってっ、気づいたら今の状態だったんだと思う。 「ほんと、ごめん。でで、でも今っ……く、口っ……唇がっ」 「お前、さっき頷いたろ? なのに、なぜ逃げる?」 「へっ?」 「俺への褒美をくれるんじゃなかったのか?」  わわっ、近っ! ま、またまた土岐の顔が近いっ! 「え、あの……と、土岐っ?」 「頷いたなら、逃げるな」  再びの超接近に、土岐の肩を押し返そうとしてた俺の両手が掴まれた。そのまま下にぐっと引かれ、身体が密着する。  土岐の眼鏡のフレームが、頬に軽く触れた。 「逃げずに、俺のものでいろよ――――慎吾」 「……っ」  俺の名が、呼ばれた。  触れ合わせた唇の上で。 『俺のものでいろよ――――慎吾』  名前、呼ばれた。土岐が、俺のことを下の名前で。武田じゃなくて、『慎吾』って。  んで、んで! そんでさっ! これ! この唇の感触!  キキキキ、キス! じゃねっ?  これ! キスじゃねっ?  だってさ。だって、ぴったりと唇が合わさってるんだ。  んで、そうかと思ったら今度は、柔らかな弾力が軽く啄むみたいに、唇の上で動いてくんだよ。  そんで、唇の温度を俺に教え込むように、きゅって押しつけてきたり。  これ、絶対にキス、だと思う。  ならさ、ならさっ。てことはさ! 土岐ってば、俺のこと好き、なん?  ……かな?  んん? 何、今の短絡的思考。  いや、ないだろう。それは、ない。それだけは! ないぃっ!  自信持って言い切れるぜ。  ふはははっ。胸だって、張ってやる。  めっちゃ、虚しいけどな……! 「武田?」  あー、ほら、その証拠に唇が離れた。キスの後とはとても思えない、普段通りの無表情で。  おまけに、呼び方が『武田』に戻ったよ。やっぱりな。  何が『やっぱり』なのか、今ひとつ自分でもわかってねぇけど。  それに、土岐の『褒美』発言も、『俺のもの』の意味も、わかんねぇ。  このキスの理由も、からかわれてんのかとか、そんなの、何もかもが全っ然、わっかんねぇけどさ。  この夢のような甘い感触と時間が、そろそろ終わりを迎えるってことだけは、はっきりとわかってん……。 「口、開けろ」  ……へ? 「もっと、力抜けよ」 「……っ……ぅぁ、ぁっ……」  かろうじて、叫び声だけは飲み込んだ。  けど、両手を伸ばして、土岐のことを突き飛ばしてた。  二、三歩、後ろに下がった土岐が驚いた顔で俺を見てくるけど、『ごめん』って謝る余裕なんてない。全然、ないっ。  突き飛ばした手をのろのろと口元にもってきて、黙って見返すのが、精いっぱいだ。  だって! だってさ! また、唇が合わさったんだ。なぜか!  そんで、閉じてた俺の唇をノックするみたいに、あったかくて濡れたモノが唇に乗ってきたんだよ。  そのまま、スルッて! スルッてさ! びっくりして開けた口ん中に、それがちょっとだけ入ってきたんだってば!  あれ、舌じゃね? 舌だよなっ?  でも、なんで? なんで、土岐が舌、入れてくんの?  まさかだけど、俺をからかうために、ここまでする?  わけ、わかんねぇーっ!

ともだちにシェアしよう!