22 / 135

キミの熱に、焦がされる。 【4】

 う、わぁ……うわぁ! うわあっ!  土岐が! 『お前に求められたい』とか、『欲しがってみせろ』とか言っちゃってるけど、これ現実? 何、この破壊力!  口調はいつもの土岐なのに。表情がさ、めっちゃ切なげなんだよ。堪らなく色っぽいんだよ。あの土岐が!  無表情がテンプレで、素っ気なくて無愛想。ぶっきらぼうな朴念仁って他の連中に言われてる(俺は言ったことないよ)、あの土岐が!  今まで俺が『好き好き』って言ってまとわりつく度に、『暑い、うるさい、鬱陶しい』で一刀両断だった、あの土岐が!  えっと……もしかしなくても、俺のことをすごく好き?  そしたらさ、すっげぇ恥ずかしいけど! キスしたい、とか。してほしい、とか。俺から言ったほうがいいんかなあぁっ……駄目だ、無理! 呼吸困難んんん……! 「武田?」 ――びくんっ 「……あ……」  耳っ……耳に唇っ、押し当てられてる!  や、違う。くいっと顔を傾けさせられた先に、土岐の唇が待ち受けていた、が正しいんです!  土岐より俺のほうが5センチ背が高いから、コッチが正解っ。 「言ってくれないのか?」  てゆうか、どっちが正解でもいいよ。それより、このとんでもなく色っぽい声を何とかしてくれよぅ。  聞き心地は堪らなく良いけど、吐息が熱すぎて、つらい。  もう、言うしかねぇ。でないと鼓膜が溶けちゃうっ。 「い、言う! 言うよ。頑張って言うけどさ。でも、ひとつだけお願いがあんだよ」 「何だ?」  うおっ。だから、耳に唇押しつけながら聞き返すの、反則だって。  ちょっと線が細くて甘めのお前の声。昔から大好きなんだからさ。マジで、耳が溶けそう。  けど、これだけはお願いしとかなきゃだ。 「あ、あのさ。俺、まだ初心者で、色々と慣れてねぇから……だから、まずは軽ーいヤツで、お願いしたくっ」 「わかった」  お、即答だ。さすが土岐、物わかりがいいぜ。 「サンキュ、土岐っ」  よし、これで安心っ。 「礼には及ばない――――手加減できない場合があるだけだ」 「ん? 今、最後のほう、なんて言ったん?」 「気にするな。単なる独り言だ。――さて、『軽く』でいいんだろ? じゃあ、言え。俺の目を見て、ねだってみせろ」  俺の耳から唇を離した土岐が、何か呟きながら正面から艶めいた視線を向けてきた。  最後のほう聞き取れなかったけど、独り言なら、いっか。それより、『キスのおねだりミッション』のほうが重大だよ。よし、イくぜ!  ごくりと喉を鳴らし、思い切って口を開いた。 「あっ、あの! キスっ、してほしぃん……んっ! んん、んんんっ!」  最後まで言い終える前に、唇が塞がれた。しかも、しかも! 「……ふぁ……ぁ、ん」  舌! 舌、入ってきてます!  今! めっちゃ、舌絡められてるんですけどぉっ!  え? 『軽く』のはず、じゃなかった? これのどこが軽め?  即答してた、お前の物わかりの良さ。それ、どこに行っちまったのぉっ? 「ん……と、き……ぁっ……」  苦しっ……。 「まだだ」 「……は、ぁっ」 「もっと差し出せよ。俺に」 「ふぁっ……ぁ……」  噛みつくように唇を塞がれてから、もうどれくらい経っただろう。  突然のディープキスに戸惑い、思わず舌を引っ込めて逃げようとした俺だったけど。  『逃げるな。お前のこれが欲しいんだよ。頼むから嫌がったりするな』って耳朶を食みながら囁かれて、呆気なく陥落した。  仕方ないよな。だって土岐の声、すっげぇ切なげなのに、エロさが堪んないし。  俺のこと、かき抱くみたいにぎゅって強く抱きしめてくれてるし。  手の動きが、ほんとに愛おしいものに触れるみたいに情熱的だし。  おまけに、耳を食んだ後にそこをペロッて! ペロンッて、わりとねっとり舐め上げられてさっ!  その全部に、きゅんってヤラレた。腹の奥まで熱くなって、トロンってなって、動けなくなっちまったんだもん。  そんな俺が引っ込めたはずの舌はすぐに絡め直されて、それからずっとキスされてるんだ。長い、長ーいキス。 「……ふっ、ぅ……」  苦しい。まるで水に溺れたみたいに、酸素が足りない。 「は、ぁっ……あ」  けど、嬉しい。だって、あの日見たあの夢。あの濃厚な触れ合いの夢の中でさえ、キスは出来なかった。  なのに、今はこんなにいっぱい土岐とキスしてるんだから。これこそ、夢みたいだ。 「ぁ……と、き……好きっ」 「ふっ。可愛いな、お前。ほんと可愛い」  夢のついでに告白もしてみたら、頬にチュッてしながらの『可愛い』が返ってきて、さらに夢心地だ。  ふわふわと夢心地の身体が土岐の腕に囲われ、その身体で窓にぐっと押しつけられる。  胸も腹も、その下もぴったりと合わさり、唇が最後に触れ合った。 「なぁ、もっとキスしたい。だから、ありったけ寄越せよ」 「んっ、ふっ……」  キスが、一気に深まった。ねじ込むように割り入れられた舌が口内をまさぐり、侵してくる。 「ふぁ……あ、んっ」  互いの吐息と唾液が混じり合う。飲み下せなかったものが喘ぐ口からが溢れると、ざらりとした感触が舐め取っていって、また口内で溶け合うんだ。  窓に押しつけられた身体のあちこちに土岐の手が触れ、狂おしげに這い回る。そうして、コイツに求められてるのだと俺に知らしめてから、動けないようにそこに縫い止められた。 「お前の全部は、俺のもの、だろ?」 「んぁっ……ふぁ……ぁ、土岐ぃ」  髪が愛おしげに撫でられ、蕩けるように笑う土岐によって口づけが繰り返される。何度も、何度も。  なっ? 逃げるなんて、無理だろ? 「俺の慎吾――――お前を、もっと味わいたい」  逃げられるわけないじゃん。この情熱から。

ともだちにシェアしよう!