32 / 135

恋する名探偵(仮)

 ――俺は(ただの)高校生、武田慎吾。  だが! 浮気調査だけは迷宮なしの名探偵!(たぶん……) 「んっ……ぁ、土岐ぃ。もっと……」 「悪い。時間がないから、続きはまた今度な」 「えっ?」  嘘! キスし始めて、まだ三分だよ?  いつもなら、たーっぷり十分以上かけてキスしてくれる土岐なのに。  なんで、そんなにそそくさと帰ろうとすんの? 「はっ! まさか!」  ももっ、もしかしてのまさかだけど、もう俺に飽きちゃったとか? それとも――。 「……浮気?」  ははっ、まさかぁ……ん? いや、待てよ。有り得るんじゃね?  だって俺、土岐を惹きつけておける自信なんて1ミクロンもないよ。  ないない。ないない尽くし! ゼロだよっ! でも、だけどさっ……! 「駄目だー! 浮気だけは許さぁんっ!」  ――よぉし、準備OK。変装OK。今日もヤるぜ。レッツ尾行スタートだ!  ふっふっふっ。土岐よ。お前、知らないだろう。この俺様が、恋の名探偵だということを!  迷宮なしの名探偵! 浮気現場を押さえるなんてお手のものなんだぞ。ヘイヘイ、観念しろい! 「ヘイヘ……あれ? 何、コレ」  浮気を疑ってから二日目。尾行も二日目。  昨日、浮気相手からかかってきた電話を盗み聞きし、この神社の夏祭りに来ると知った。  つーことで、夏祭りに合わせて名探偵シンゴの変装は浴衣!  で、目立たずに尾行してきたけど、現場では、絶賛、焼き鳥焼き焼き中(言いにくい)の土岐の姿がっ! 「おい、武田」 ――びくんっ!  あれ? 土岐と目が合った。こっそりひっそり隠れて見張ってるのに、なんでバレた? 「そこで、じーっと突っ立ってるなら会計の手伝いをしてくれ」 「へっ?」 「早く! こっち来い!」 「はっ、はいぃっ!」  ……あれ?  マジか。なんだこれ、めちゃ忙しいぞ!  なんで俺がここに居るのかの質問はせず、ただ俺をこき使ってくれてる土岐を横目で見ながら、焼き鳥の屋台のアレコレを必死で手伝う。  俺への質問はなかったが、この現状の説明ならあったから、俺の機嫌は最悪から最高に転じた。  土岐のバイト先は、バーレストランなんだけど、そこの店長からの頼みで、手を怪我した屋台主の代わりに露店のバイトに入ったらしい。  そうならそうと最初に俺も誘ってくれれば、浴衣じゃなく、土岐と揃いの黒Tシャツで焼き鳥焼き焼きしたのに。 「花火はあんま見えねぇけど、これも夏祭りデートだと思えば楽しいなー。でも、来年は普通に見物客として来たいけど。ふたりっきりで」  俺のかすかな呟きは、ちょうど打ち上がった花火と雑踏にかき消され、土岐には届かない。 「あぁ、俺もそうしたい」  あ、聞こえてたんだ。小声だったのに聞き取ってくれて嬉しいな。 「それに、来年は人混みは避けよう。慎吾のこんな色っぽい浴衣姿は、俺だけが独占したいからな」 「え……」  薄く微笑んで距離を詰めてくるのは、艶めいたテノールの持ち主。  俺の大好きな濃茶色の髪が、吹き抜ける風に、さらりと揺れ――。 ――ドーン、ドドーンッ  その背後に色とりどりの花をいくつも咲かせた土岐が、俺の耳元に、とろりと甘い吐息を乗せた。 「だからバイト終わったら、それ、脱がせるから。すぐに」 「……っ!」

ともだちにシェアしよう!