41 / 135

恋のバカンスは、予言通りにはいかない!?【好きと言える自信 #3】

「『女子力』ってプリントされたTシャツ、そんなの着て恥ずかしくないんですか? いくら練習着は自由でいいと言われてても、そのチョイスはないでしょ」  あ、うん。だよな。けど……。 「他の日も『さすが俺』とか『ドM』とか、『夢は石油王』に加えて、果ては『メガネ愛』Tシャツの日もありますよね? 『メガネ愛』って……まさか、眼鏡かけてる土岐先輩へのアピールじゃないですよね? 気持ち悪いんですけど」  え、気持ち悪かった? うわ、どうしよう。だって、『メガネ愛』Tシャツは……。 「そんなふざけたTシャツ着て練習してる姿を見せられるコッチの身にもなってくださいよ。武田先輩、マジでウザ……」 「なぁ、宇佐美ー。ちょっと割り込むけど、いいかな?」  え? 「えっ? 高階先輩?」  ずっと見おろされたまま話を聞くのも何だからと一応立ち上がってみたものの、Tシャツの話題にどう返事しようかと言葉を選んでる途中で、宇佐美の声が途切れた。  突然乱入し、俺の肩に腕を回してきた高階によって。 「宇佐美さぁ。話の腰折って悪いけど、どうしてもひと言、言わせてもらいたくてさ」  そして、後輩相手には“ふんわりキャラ”を貫いてるはずの高階にしては珍しいトゲのある声色が、宇佐美に向かって飛んでいく。  敵と認識した相手にだけ、いつも向けられてる挑戦的な表情とともに。 「お前の言う、その“ふざけたTシャツ”。コイツに贈ったの、俺だからさ」 「え……高階先輩、が?」  あーあ、言っちまったよ。高階のヤツ。せっかく俺が、名前出さずに話をしようとしてたのに。 「それ、武田への去年の誕プレ。ちなみに、その『女子力』Tシャツは、誕プレ企画を立てた武田の妹の茉莉ちゃんからの贈り物だよ」 「妹、さん……」 「で、『ドM』Tシャツが俺からで、『さすが俺』は基矢。一色からだ。それと、『夢は石油王」が常陸からの物。あとさぁ――」 ――にやり  高階の口元が、くっと引き上がった。とても愉しげに。  そして、男にしとくには惜しいほどの朱い唇が、酷薄な笑みをたたえながら次の言葉を紡いだ。 「『メガネ愛』Tシャツは、土岐からの誕プレになるんだよ。俺らの友情が込められた誕プレを丸ごと、全力でディスってくれてサンキューな! 宇佐美!」 「え、あれが……『メガネ愛』が、土岐先輩から、の……?」 「さぁて慎吾ちゃん。もう用は済んだから、俺と保健室行こうぜー。患部を冷やした後は湿布貼らないと、だろ?」 「えっ、高階? や、待ってくれよ。保健室行くのはいいけど、俺、手ぶらだし、荷物取ってこなきゃ。てゆうか宇佐美、どうすんだよ。まだ話の途中じゃん」  言いたい放題言ってスッキリ顔の高階に強引に身体の向きを変えさせられた俺だけど、強張った表情のまま固まってしまった宇佐美が気になってその場から動けない。 「あ? いいんだよ。もう話は終わってんだから。おら、とっとと行くぞ。――あ、いや、まだあったわ。おい、宇佐美。『メガネ愛』Tシャツを気持ち悪いって言ってたこと、土岐の耳に入れとくからなー」 「ひっ」  あ、宇佐美の顔色が真っ青を通り越して、限りなく白に近い蒼白になった。大丈夫かな。 「あー、スッキリ、スッキリ! はー、気分いいなぁ」  バスケットアリーナから強引に俺を連れ出した高階が、晴れやかに笑う。両手を上に突き上げて伸びをしてる姿は、その言葉通り、ご機嫌そのもの。 「おい高階。いくら何でも、さっきのあれはヤりすぎじゃね? お前、自称『祥徳バスケ部の天使』なのに、後輩にあんなこと言って良かったん?」 「は? 別にいいし。俺、ああいうタイプ、大っ嫌いだから」  線の細い顔立ちを印象的に見せている茶色い猫目がキッとつり上がって、俺を見上げてきた。 「それより! お前はウザくて残念なとこが美点なんだから、何言われても気にすんなよ」 「うはは……心からの褒め言葉、サンキュー」 「むしろ、後輩にあんな風に言われ放題になってんなよ。俺が乱入しなきゃ、言いたいだけ言った挙げ句、『ふんっ』なんて鼻鳴らして去ってたぞ。アイツ」 「あぁ……うん、かもなぁ」  ははっ。それ、すごく想像つくわ。 「苦笑してんじゃねーよ。全く。性格良すぎだっつーの。馬ぁ鹿っ」 「うわっ。それ、やめて。セットが乱れるぅ」 「あ? 馬鹿には、このスタイルで充分だ」  身長差、10センチ。バスケ選手としては小柄な高階が、飛びつくようにして俺の髪をぐしゃぐしゃにかき混ぜてくる。 「やーめーてぇー」  それを頭を振ってよけながら、声を出して笑った。ふたりで。  サンキューな、高階。俺のために怒ってくれて。 「おら、保健室行くぞ」 「うん」  でもさ高階? 宇佐美が言ってたこと、ほんとは全部当たってんだよ。  だから俺、Tシャツの誤解だけ、解ければいいと思ってたんだ。  それ以外は、言われ放題でも別に良かった。俺の駄目なとこ、全部、宇佐美の指摘通りだったんだから――。

ともだちにシェアしよう!