43 / 54

43.フィストファック

「ああっ! ああっ! ああっ! あああああああああああ!!!! さける!! さける!! いたい!! いたい!!」 「大丈夫だって……あ、ほら! いけそう!」  ちょっと引いて、ちょっと押して  ちょっと引いて、ちょっと押して  それを繰り返して──  ぐうううぅぅ、っと 「っあああああああああああ!!!!」  悲鳴が心地良い。 「いったいった!」  出っ張りが入ったので、後は奥に進めるだけ。 「すげーすげー! めっちゃカズエん中の腸の感触! やばい! ほら! これ、分かる?」  指の腹で、ひだひだの粘膜を擦る。 「ううっ……おえ……」  思ったような反応がなくて、むっとして、顔を覗き込めば……よだれ垂らしまくって口元汚して、半開きで、速く呼吸をしている。 「大丈夫?」  あ、そう言えばまだ手首まで行ってなかった──と。 「っあああああ!! あああああ!! あああああああああああああああっっっっ!!!!」  なかなかに壮大な光景で、ご満悦。 「手首まで入ったぞ」  あちこちを指で触ってみる。  ぐりんと、向きを変えて触ってもみる。 「あ……あ゙、あ……ぐ、ぐるじ……ぬいで……ぬいで、ぐだざ……おねがい、じま……」  本当に苦しそうな呻き声。  目もまた虚ろ写ろ。何処を見てるか分からない。 ──その状態で、ピストン。 「ひいっ! いぎっ……いいぃっ……! ぐるじ……じぬっ、じぬっ……!!」  また反応が弱くなってきて、気を失いそうな空気になってきていたので、起こすために別の物。    ごぼっと、手を引き抜いて──昨日の、あれ。 「やだやだやだやだ!! もうやめて!! もうやめてぇっ……!!」  ガガガガガガと、ドリルの音。  余程嫌なのか泣き喚いて、叫び声。相変わらず挿れてもないのに。 「気持ちいいと思うんだけどなぁ」  じたばた暴れる足の上に乗っかって体重で抑えて……挿入。 「ああっああっ! ああああああっ!! もうやだ!! もうやだ!! しぬ! しぬ! しんじゃう! しんじゃうっ……!」  また漏らしているのに気付いて 「あーあ……シーツ替えないと。つーか下もな。やっぱ地下の方が片付け楽だな」 ──でも、ニヤリと笑ってしまい。  抜いてあげる。 「はあっ……はあっ……」 「辛い?」  何度も何度も、泣きながら、首を深く縦に振る。 「じゃあ……俺の犬になる?」  でも、そこで──やっぱり答えは返ってこないから  舌打ち。 「ちっ」  だから、また挿入。 「あああああああああああ!! ああああああああああああっ!!!」 「強情だなぁ」  ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ  ずっと突っ込んで 「ああ……ああ、あ……ああっ、ああ……」  喉が枯れてきた頃に、ようやく抜いた。  そして、いつものコース。 「あんっ! あっ、ああっ! おチンポきもちい! おチンポ、きもちいっ!! あっあっあっあっ! んあっ!! そこっ、そこっ! あたりゅ!! おなかっ、きもちっ……おチンポ、すき! もっと! そこっ! あんっ! あっあっあっあっああああーーっ!!」  乱れて乱れて、乱れていく。 ──いつまで持つかな? 「カーズエっ」  よだれ垂らして放心状態の彼を、また後ろからハグ。 「こんなに汗かいて。風呂入ろうな?」  飼い主のように──その体を洗ってやる。 「また部屋まで送ってやるから……おいで」  抱っこしても、されるがまま。  次の日も、そんな感じ。  宙吊りで緊縛しながら……たまにドリル使ったり。薬は勿論後半戦で。  次の次の日もそんな感じ。  部屋中引きずり回して鞭打ち。色んなもの突っ込む。薬。  終わる度に、ビクンビクンと脈打つように体を震わせて、丸まって……ぼうっと無気力。 「あ……っ、う……」  だけど決して、頷かない。  主人を変えるかの問いには、決して頷かない。  時間的にも、徐々に期限が近付く。  そろそろ強引にやった方がいいかなと──考えた。

ともだちにシェアしよう!