19 / 34

狼の里中宗佑さん 11

 俺のおねだりと共に、正臣は一気に俺の中へと侵入した。 「ああっ!」  指とは比べ物にならない質量のそれは、直腸を通って中の臓器を圧迫する。悲鳴に近い声を張り上げ、俺は背を仰け反らせた。  しかしそんな俺を逃がすまいと正臣は両手で腰を掴むとそのまま深く挿入し、最奥まで貫いた。 「あ……あ、かふっ……」  まるで焼けた杭のようだ。俺はパクパクと口を開閉させ、必死に酸素を求めた。  苦しい。熱くて痛くて苦しくて、目の前がチカチカする。なのにどうして、こんなにも満たされた感情になるんだろう?  ギュッと込められる力は正臣を食い千切らんとするのに、中の彼はさらに質量を増していく。 「あっ、や……くる、し……」 「ああ……熱くて……柔らかくて……溶けそうだ……」  さっきまで余裕だった正臣の声に詰まるものが感じられる。もしかして、俺の中で感じてくれている? 正臣の顔を覗き込むと、何とも艶やかな彼が映った。  ああ、好きだなぁ。  前はそれすら頭に浮かばなかったのに……失くしてから気づくなんて遅いよな。  俺は膝裏から手を離して彼の顔へと伸ばした。すると彼は上体を落として俺の腕の中に包まれてくれる。  いい匂い。俺の好きな匂いだ。  俺は彼に脚を巻きつけ、さらに身体を密着させた。 「動くぞ」  その台詞に俺は頷くと、正臣は腰を動かし始めた。 「あっ、あんっ……ああっ……」  グチュグチュと鳴る淫らな水音と共に、正臣は自身を激しく抜き挿しさせる。  正臣へ抱きつく腕に力がこもった。痛い。苦しい。でも気持ちがいい。  ぐちゃぐちゃに入り混じる思いの中で、快感だけはどんどんと増していった。 「あんっ、んっ、気持ち、いいっ……気持ちいいよぉ……!」 「……っ、くぅ……!」  俺がボロボロと泣きながら喘ぐと、腕の中の正臣がその質量を増しつつ射精した。

ともだちにシェアしよう!