他の作品


イラスト

イラストはまだありません。
最初のイラストを投稿しましょう!


レビュー

恐らく5000文字の枠があっても語りつくせない、名作。コメント枠へ続く
【作風の良さだけでも1000文字超えそう】 まず、作品全体の見やすさ、読みやすさ、親しみやすさについて。 文句なしの五つ星。 登場人物の名前が覚えやすく、程よい行間があり、見やすく、読みやすい。視点切り替えのある作品は、混乱を避けるため三人称で書く方が読みやすく感じるものだが、この作品は、モノローグが多く、しっかりと心情や情景、今置かれている状況などが丁寧かつ、分かりやすく書かれている為、モノローグ部分が一人称でかかれているにも関わらず、とても読みやすい。一見、俺とオレで分けているから分かりやすい、と勘違いしそうになるが、そうでは無いのだ。章タイトルに至っては、単に外から見た時には、特徴を感じないように思えるが、作品を読んでみるとそのシンプルさが重要であると気づく。 役名で、パッと”ああ、こちら側だ”とスッと入ってくる。読み手は、名前よりも、役名のほうが印象に残りやすい。名前を覚えるまでの間の、補助的な役割もさりげなく果たしており、いかに物語を読みやすく、分かりやすくと、細部まで読み手の心理や環境などを考慮した表現は、読み手の心をぐっと掴んで離さないものである。面白い作品というものは、何処から読んでも起承転結になっているとは言うものの、書き方としては結、起承転とページを繋げていく方が、この先どうなるんだろうという”続きを読みたい”という心理を煽る。この作品には、そのような手法も使われていると感じる。それが計算されているのか、無意識にそうなのかはわからないが。 【モチーフの扱い方が秀逸】 ヤクザをモチーフにしたものには、実はトラウマがあるのだが、それらを一瞬にして取っ払ってくれた、正に名作。主役の一人には怪我の痕があり、確かに痛そうな描写があるものの、それはあくまでも必要な描写である。ヤクザ、クスリというモチーフを扱う作品は多いが”そちらの世界への偏見的なカッコ良よさ”などではなく、クスリの怖さや常習性、それにより大切な者を失った経験と悲しみなどを通し、モチーフとして扱ってはいるが、決して手を出してはいけないものなんだと言う”メッセージ”も感じる。 文字数が大幅に超えるため、コメント欄に続きます。