8 / 15

第8話

 柔らかな真綿のような手が突如バーディンの根元をきつく締め付けた。笑っていたと思っていた彼の目が静かな怒りに燃えていたと気づいたのはその時だ。彼は不気味に口角を釣り上げたままバーディンに迫る。 「さっきのバーで確信したよ。君は父上に結婚したいと願ったんだろう」  一瞬、何の話かわからなかった。  騎士闘技会のことだと思い至ったが、それよりもリオラムが怒りばかりに気を取られてしまう。彼がなぜ怒っているのかわからない。バーディンは虚ろな思考のまま首を横に振った。 「いえ……、そんなことは……」 「否定したいのならすればいい。でもね、君のそんな胸じゃ、女性はきっと逃げていくよ」 「そ、そんな……」  かろうじて会話をしているが、頭の中は堰き止められた熱のことでいっぱいだ。涙で頰を濡らした姿はとても兵士の頂点に立つ隊長には見えぬほど情けない。リオラムは流れた涙を舐めとると、その胸元に顔を埋めた。 「だから、私がこの乳首を治してあげるよ」 「あひっ、吸っては……や……ぁぁ……ッ♡」 「……君が結婚するその日までに、ね」  真っ赤に熟れた乳首をきつく吸われ、陰茎を激しく擦られると、前の前が真っ白になった。激しい快感の波に意識を捕らわれる。 「あ、イク……っ♡、リオ様ぁ、イクぅぅッ♡♡」  バーディンは背中を仰け反らせてそう叫ぶと、杭のような太い陰茎から白濁を撒き散らした。堰き止められていた白濁が勢いよく吐き出され、リオラムの手とバーディンの胸を汚していく。  欲望を吐き出してもなおもの手足が痺れるような快感がずっと続いている。荒い呼吸を繰り返していると、快感の波が徐々に去っていく。そしてそれと入れ替わりに現れたのは現実と虚無感だ。  鮮明になっていいく視界に最初に飛び込んで来たのは、ハンカチで頰を拭うリオラムの姿だ。彼の顔についた汚れが自分が吐き出したものだと気づくと、バーディンは真っ青になった。 「も……申し訳……」 「謝ってばかりだね、君は」  唇に指を立てて、それ以上の言葉を封じられる。平然としているリオラムに対し、バーディンは完全に混乱していた。  どうしてこんなセックスまがいのことをしてしまったのか。しかも、彼の手によって射精までしてしまった。はしたない声まであげて。  バーディンはいてもたってもいられなくなった。乱れた衣服を慌てて整える。 「あの、リオラム様……ほ、本当に申し訳ありませんでした!」  バーディンは一方的にそう叫ぶと逃げるように寝室を飛び出した。リオラムの制止する声が聞こえたが、一度走り出した足を止めることはできなかった。  散々舐められた乳首がじんじんと痛い。その痛みは先ほどの情事が夢ではないことを物語っていた。  痛みが早く引くように願いながら帰路についた。その間、脳裏を支配したのは傍若無人の主人の顔だ。 (どうしてこんなことになってしまったんだ!)  心の中で叫び、人気のない裏道でバーディンは顔を覆った。

ともだちにシェアしよう!