11 / 15

第11話

 乳輪を指で挟んだまま、ぐりぐりと捏ねられる。胸に与えられた刺激が甘い電撃となって腰に落ちていく。バーディンはもっと彼を喜ばせたくなって与えられる快感を素直に嬌声に変えた。 「……あぅ……は……ッ」  喘ぎを漏らす恥ずかしさも相俟《あいま》ってバーディンの乳首は指で触られただけで赤い顔を出した。リオラムが意外そうに呟く。 「今回はずいぶんあっさり顔を出したね」 「その……、自分で弄ったので」 「へぇ」  リオラムは小さく笑って、もう片方の埋まっている乳首をチュゥっと音を立てて吸った。彼の口内で芯を持った乳首が吸い出され、思わず甘く呻いてしまう。 「……んん」  普段埋まっている乳首は敏感になっており自分で触ると痛いだけだったが、リオラムに優しく舌で転がされると信じられないほど気持ちよかった。 「あっ……、ふぁぁ……ッ、んぁ……」  甘い声が止められない。ビクビクと跳ねる身体を持て余し、バーディンはしがみつくように主人の背中にしがみついた。様子が変わったバーディンにリオラムが心配そうに覗き込んでくる。 「痛いかい?」 「……んぅ……なんか、変です……リオラム様……」  身体に心が追いつかず、バーディンは目に涙を浮かべながらそう答えるのがやっとだった。心配そうにこちらを見るものだから、許してくれると思ったが、リオラムは両方の乳首を乳輪ごと摘み上げた。 「ひぁッ! リオ様……待って……んんぅ……」 「待つ? 触ってほしいの間違いじゃないのかい」 「駄目……です…アッ……お願い、リオ様……本当にもう……うぅ……ッ」  意地悪なリオラムの指にきつく摘まれた乳首は真っ赤に腫れ上がり、痛いほど勃っている。それは胸だけでなく、下肢も衣服の中で痛いほど膨れ上がっていた。  これ以上は本当にやばい。  せめて衣服だけでも脱ごうと腰の紐に手をかけた時、彼の指が真っ赤に熟れた乳頭に触れた。甘くしびれるような感覚が全身に広がって脳が溶けていく。 「ひ……っ、やっ、クリクリしないで……ッ、ぁッ……あぁーーっ……♡♡」  ズボンを脱ぐ暇もなくバーディンは叫び、快感の波に身を任せた。頭が真っ白になって何も考えられない。  だが、下肢に広がる濡れた嫌な感触がバーディンを現実に引き戻す。  そしてトドメは、リオラムの嬉しそうな一言だ。 「乳首だけでイッたのか」 「ごめんなさい……俺……もう……」  朦朧とする中でバーディンは情けなく弱音を吐いた。  我ながらだらしない返事だ。身体だけでなく声にまで力が入らない。

ともだちにシェアしよう!