6 / 93

狼が兎に恋する時⑤【兎視点】

 俺が東京に転校してきたのは、小学校3年生の時だった。   元々、両親は東京で生まれ育ったようだけど、父親の転勤の都合で俺は関西で生まれた。小学校3年生まで関西で育ち、その後再び父親の転勤で東京へと引っ越すこととなった。  その当時、子供ながらに友達ができるだろうか……と不安に思いもしたが、そんな心配は全然無用だった。 「一緒に遊ぼう!」  転校初日に無邪気に話しかけてきてくれたのが、寛太(かんた)だった。  俺はすぐに寛太と仲良くなって、寛太の友達である莉久(りく)真広(まひろ)玲央(れお)……と、あっという間に友達に恵まれることができた。  あれから10年近く……。  俺は明日、東京を離れる。  子供の頃、みんなでキャンプに出掛けたことがあった。その時の写真を、そっと段ボールの中にしまう。5人の笑顔がキラキラ輝いていて、眩しい位だ。  この頃は、自分がΩだなんて知りもしなかったし、まさか、寛太に恋をするなんて思いもしなかった。 「あ、その写真懐かしいな?みんなでキャンプに行った時のだ」 「うん、懐かしいね」  莉久が俺の手元をひょっこりのぞき込んで、懐かしそうに写真を眺めている。  明日引っ越すと話したら、わざわざ駆け付けてくれたのだ。  俺達のグループの中でも、莉久は異様なメンバーに思えた。  生徒会長を務める位の優等生で、成績は常に学年トップ。スタイルなんてモデルみたいだし、顔はイケメンの代名詞と言っても過言ではないくらいだ。  加えて、性格もいい。  莉久と30秒以上話をして、こいつを好きにならない女子がいたらお目にかかりたい……そんな、国宝級の完璧系男子なのだ。  The普通系男子の俺とは、まさに月とすっぽんだ。  そんな莉久とは、なんやかんやで気が合って、2人で遊ぶことも多かった。  元気で明るい寛太を『太陽』に例えるなら、穏やかで優しい雰囲気の莉久は『月』みたいだ。  その対極にいるように見える2人が、俺は大好きだった。 「(わたる)ー!この漫画本どこにしまうの?」 「あ、それはこっちの段ボールに……」 「うん、わかった」  黙々と引っ越しの準備を手伝ってくれていた莉久が、ふと呟いた。 「ずっと不思議に思ってたんだけど……。なんで大学生になってまで、親の転勤について行く必要があるの?」 「え?」 「だって、普通に考えてさ、お前が一人でアパート借りて住むとかすればいいだけじゃない?」 「あ、えっと……」 「まるでさ、何かから必死に逃げてるように思えてならないんだけど」    この賢すぎる友人の、あまりにも鋭い指摘に俺は思わず目を見開いた。  莉久に、全てを見透かれているように思えて動揺を隠すことができない。 「例えば……寛太とか……」 「え……?」  俺の慌てぶりに、「やっぱりね」と言わんばかりに、莉久が大きな溜息をついた。  もしかして、俺がずっと隠してきた思いに、莉久は気付いていたのかもしれない。そう思えば、頬がカァッと熱くなるのを感じた。 「航と寛太は付き合ってなかったの?」 「……付き合ってなんかない……」 「そっか」  莉久がゆっくり俺に近付いてきて、頭をクシャクシャと撫でてくれた。  俺が子供みたいに拗ねた顔をしているのが面白かったようで、クスクスと笑っている。 「航は、本当に可愛いなぁ」 「可愛くなんかねぇし」 「航は自覚がないだけで、女の子にも人気があったんだよ?小動物みたいで可愛いって」 「小動物って……」 「ふふっ。可愛いよ」 「え……ちょっ……」  俺は突然莉久に抱き締められ、思考が完全に停止して、体が硬直してしまった。  こういうスキンシップに慣れている莉久からしたら、大したことじゃないかもしれないけど。  俺にしてみたら、大事件だ……。誰かに優しく抱き締められるなんて、恥ずかしくて仕方ない。  心臓がうるさいくらいドキドキ鳴り響いて、口から飛び出そうになった。 「あははは。航、心臓が凄くドキドキしている」 「うるせぇ。俺は、こういうのに慣れてないんだよ」 「寛太に……いつもこうやって抱き締めてもらってるのかと思った」 「そんな事、あるわけないだろう……」 「そっか。なら良かった」  ホッとしたような莉久の態度に気付く余裕がないくらい、俺は酷く動揺してしまう。  卒業式の日に、一度だけ寛太には抱き締めてもらったけど、寛太と莉久の腕の中は全然違うように感じた。  ただ、誰かに抱き締められるという行為は、俺の中に眠る『誰かに守られていたい』というΩの本能を、満たしてくれることを知った。 「寂しくなったら、いつでも帰っておいで」 「うん」  俺は明日、寛太への思いを断ち切るために、東京を去る。

ともだちにシェアしよう!