11 / 93

狼が兎に恋する時⑩【兎視点】

「はぁはぁ……」  俺と寛太(かんた)の荒い呼吸だけが、静かな室内に響き渡った。  触れ合う胸から、相手のバクンバクンと爆弾みたいな心拍が聞こえてくる。  明らかに、お互いがお互いに欲情していた。 「(わたる)……!航……!」  背骨が折れるんじゃないかって位、激しく抱き締められた。  寛太の体がガクガクと震え、俺の洋服を力一杯握りしめている。爪をたてているせいで、皮膚に爪が食い込んでめちゃくちゃ痛い。  食い縛る歯はガチガチと音をたて、唇からは血がしたたっている。  ギュッと目を固く閉じる姿は、必死に何かに耐えているように見えた。 「……寛太?なぁ、寛太?」  不安になりその体を自分から引き離せば、苦しそうに顔を歪める寛太がいた。  額から滝のように流れ出る玉の汗が、俺の顔の上に落ちてくる。 「航、今、俺はメチャクチャお前を抱きたい。でも俺はαとしてじゃなくて、生駒寛太(いこまかんた)としてお前を抱きたいんだ」  寛太が俺を見つめながら、苦しそうに、でも必死に笑いかけてくれる。  そんな姿に、俺の胸はギュッと締め付けられた。 「Ωとしてお前を抱くんじゃなくて、航を……大好きな航を抱きたい……」  その言葉に、心が震えた。  だって、あまりにも嬉しくて。 「だから、ハァハァ……お前もどうにか、ヒートをコントロールしてくれ。俺も頑張るから」 「寛太……はぁ、ん、はぁ……」 「頑張れ、航」  俺達は強く強く抱き合って、この発情(ヒート)の波が去るのを、ただただ待った。  少しでも気を抜けば、お互いが相手を襲ってしまいそうになる感情を、必死に圧し殺す。  Ωである俺の首に噛み付きたいのか、時々寛太が首に舌を這わせるけど、噛み付きはしない。  必死に噛み付きたい衝動に耐えてくれているのがわかる。  それが、たまらなく嬉しかった。  しばらく耐えれば、自分の体からフェロモンの匂いが消えていくのを感じた。  薬が効いてきたのかもしれない。 「よかった……」  心の底から安堵して、少しずつ冷静さを取り戻す。このフェロモンの匂いさえ消えてしまえば、寛太のヒートも治まるはずだ。 「寛太……もう大丈夫だよ」  気が付けばお互い汗びっしょりかいているにも関わらず、必死に抱き合っていた。  腕を回されていた肩は、寛太が爪をたてていたせいでヒリヒリと痛く、血が滲み出ている感覚がする。  俺の声にハッと我に返り顔を上げた寛太が、俺の無事を確認した後、安心したように大きく溜め息をついた。 「良く頑張ったな……航……」  泣きそうな顔をしながらも優しく笑ってくれたから、俺まで泣きたくなった。 「……寛太!」  思わず抱きついてしまえば、「よしよし」なんて頭を撫でてくれる。  そんな子供みたいに扱われることが、心地よくて仕方ない。 「なぁ、航……一度はフラれたけど、俺はやっぱりお前が好きだ」     そう照れくさそうにはにかんだ後、寛太の唇と、俺の唇が優しく重なった。  あ、キスってこんなに柔らかいんだ、って一瞬で胸が熱くなる。  ずっとずっと、自問自答を繰り返してきた。  俺は寛太に、自分の思いを伝えてもいいのだろうか?  俺もずっとお前が好きだったって。  Ωのような下等な生き物が、こんな立派なαに愛されてもいいのだろうか。  だってお前は、お前みたいな立派なαと結婚して、お前に似た可愛らしいαの子孫に恵まれて……。  それから、それから……。 「ねぇ、寛太……」  寛太の頬をそっと撫でれば、その手を優しく握り締めてくれた。 「どうした?」  優しい優しい寛太。  ごめんね。やっぱり俺は、寛太の事が大好きだ。  例え、お前の将来が少しだけズレてしまったとしても。  俺に、お前の人生さえも背負う覚悟があるのだとすれば、どうにかなるだろうか。  こんなちっぽけなΩでも、こんなに立派なαを幸せにできるんじゃないか……って思うんだ。  可笑しいかな?  俺、幸せ過ぎて、馬鹿になっちゃったんだろうか?  そんなの、どうでもいい。  だって、もうこの思いは止められないから。 「俺ね……ずっと寛太のことが……」  大好きだったよ。

ともだちにシェアしよう!