3 / 14

1-3 18R

ゆっくりと後ろに侵入してくる純のそれ。 ローションと俺の先から垂れた汁とが混ざり合った液がクチュッと音を立てる。 「ん…あぁ……。」 鼻から漏れる声に、ブルッと純の体が震える。 「やっばぁ……。匠の中、やっぱり最高……。」 「あ……あぁ……んっ……やぁっ……そ、そこ……。」 純の背中に爪を立てるようにしがみつき、自分で気持ちのいい場所を探しながら腰をくねらせた。 律動を繰り返す純の息が首にかかる度、ズクズクと下半身が疼いて透明な液体が溢れ出てくる。 それに気が付いた純は、腰に回していた手を離し、俺のをそっと握った。 ビクッと体が反応してしまい、その勢いで中に入っている純の物が突起に当たった。 「うぁ……じゅ、ん……そ、こ…もっと……。」 握られ上下に動かされている快感と、中のピンポイントにあたる所を擦られている快感とが同時に襲い、俺の中で何かがはじけたように、パーンッと視界が真っ白になった。 自分でも何を言っているのかわからないくらい、喘いで、声を抑えていたつもりなのに、いつの間にか嬌声が溢れ出ていた。 「じゅ…俺、も……イ、ク……。」 リズミカルに上下に動いていた腰の動きが少し早やまってくるのを感じた。 純ももう少しでフィニッシュを迎えようとしてるんだ。 表情も眉間にしわを寄せながら、何かに耐えている感じ…。 「一緒に……イこ……匠……」 「純……じゅ、んっっ!!!」 「…っく……。」 純が、俺の中に吐きだし、俺は握られた純の手の中に吐きだした。 パタパタと手から垂れ落ちる白濁。 俺の中で、ドクドクと脈打つ純のそれ。 お互いに息が上がった状態で、興奮した状態のまま暫く余韻に浸っていると、ボフッとそのまま布団に押し倒された。 「はぁ……。あぁ、もぅ、朝からしないって約束、早速破る奴がいる?ねぇ、純……。」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

運命に翻弄されながらも愛し愛される番に出逢うストーリー
1リアクション
1話 / 180文字 / 0
2017/5/28 更新
「その綺麗な顔になら、ゲイでなくてもほだされちまうのかと思ってな」
140リアクション
26話 / 93,203文字 / 391
2018/5/30 更新
大型犬のような大学生×不器用でクール系。失恋から始まる恋。
8リアクション
7話 / 9,993文字 / 13
2019/5/25 更新
絶対僕なんか相手にしないだろうあの人は。
9リアクション
8話 / 5,846文字 / 20
2019/7/5 更新
たぶんこのあとベッドに引きずり込まれるのでしょうね
5リアクション
1話 / 928文字 / 0
2019/10/31 更新
誰も僕に近づかないで
1,050リアクション
42話 / 38,336文字 / 0
2/21 更新