4 / 64

(1)-4

(……あ、天使だ……)  すぐそばで鳥の羽ばたくような音が聞こえた。はっとして目を開けると、真っ白な翼を持った、真っ白な髪をした、とにかく真っ白な──天使らしき人物が目の前にいた。  何か言いたげな視線を感じるが、生憎こちらは天界語なんて話せないので、黙っているしかない。 「……生きたいか……人間……」 「……えっ?」 (……日本語……?)  透き通った声が、直接脳内に響いた。見た目もそうだが、声からも性別は判断できない。  目の前にいるのは、本物の天使なんだろうか。……いや、そんなことより、これだけ時間が経っているのに、まだ地面に落ちていないのはおかしい。 「……あ、別にいいです。死ぬ方向で」  これから死ぬという時だが、状況があまりにシュールすぎていっそ笑えてくる。  もしかすると、ここはもう天国なのかもしれない。……いや、悪い事しかしてこなかったから、やっぱり地獄だろうか。 「……ふふっ……君……面白いね……気に入っちゃったなぁ……」 (……普通に喋った……?)  脳内に直接響いてくるさっきの感覚とは違って、今度の声は空気を伝って聞こえてきたようで、口元も動いていた。 「よく分かったね……僕が天使だって」 「……えっ」  心が読めるなんてさすがは天使──なんて感心している場合ではなかった。まるで一時停止された映像のように、逆さまで宙に浮いたまま静止している自分に気がつき、愕然とする。 「時間を止めているんだ……今この世界でこうして会話ができているのは……君と僕だけなんだよ……」 「へぇ……すごいですね」 「……」 (……えっ、なんで黙るの……)  沈黙に気まずさを感じながら、シロは改めて現実離れした天使らしき人物を見つめた。  どこまでも透き通った翡翠色の瞳は、深い森の奥で人知れず湧き出た泉のような、侵しがたい神秘性をはらんでいる。    とにかく、美しい顔立ちをしている。人が見て美しいと感じる要素は、全て持っていると言っても過言ではないだろう。  たとえこんな出会い方ではなかったとしても、やはり自分と同じ人間だとは思えなかったに違いない。  口元に浮かんだ謎めいた微笑みは、絵画のモナリザを思わせる。  見つめるほどに引き込まれていくその耽美さに、薄っすらと恐怖を感じた。 「あの……そろそろ降ろしてもらっていいですか。寒いから」  時間が止まっているせいか、寒さなんて感じていなかったが、咄嗟にそう口走っていた。すかさず心を読んだらしい天使らしき人物が、くすりと笑う。 「……そっか……さよなら……」 ──ばさり。大きな羽音と同時に、まばゆいほどに光り輝く純白の翼が、シロの体を包み込んだ。  悪い事ばかりしてきた割には、悪くない最期だ。こんなにも美しい天使に抱かれて永遠の眠りにつけるなんて、たとえ夢や幻だったとしても、なんだかありがたい。  さっき窓の外を舞っていたのは、本当にこの天使の羽根だったのかも知れない──そんなことを考えながら、シロは今度こそ、この世に最後の別れを告げた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

有坂にはじめて逢った時の兵藤の気持ちは如何に!? その他短編を連載します
17リアクション
34話 / 64,316文字 / 0
11/11 更新
ある日突然、心の声が聞こえてしまうようになったら!?嫌われてると思ってた相手の本心を知ってしまい……
2,033リアクション
16話 / 9,983文字 / 3,025
2018/12/9 更新
優秀賞 梅雨のBLコンテスト
永遠にあなたを忘れない。
274リアクション
11話 / 9,290文字 / 277
7/15 更新
我慢してるんだから、あんまり好き好き言わないで。【シナリオコンテスト】
370リアクション
34話 / 8,697文字 / 138
7/31 更新
始発の山手線を一周したら恋が始まりました
241リアクション
10話 / 25,793文字 / 140
8/26 更新
アナニーの途中で寝落ちしたらしい大学生兄にムラムラしたので犯しました。
209リアクション
3話 / 6,716文字 / 144
9/16 更新