5 / 296

(2)

『こっちを見るな。気味が悪い』 『怖いのよ……あなたの顔が』 『兄ちゃんってうちの子じゃないんだって』  ぽつり、ぽつりと、昔の情景が浮かんでは消えていく。これが「走馬灯」というやつだろうか……。  それにしても、目を覆いたくなるような光景ばかりで嫌になる。もっとましな記憶はないものか。 『出ていけ。二度と顔を見せるな』 『ごめんなさい……あなたの顔を見てると変になりそうなの』 ……謝ってほしかったわけじゃない。それに確かに疎まれはしたが、自分は誰のことも恨んでなどいない。  ただ「この顔」がいけなかった。確かに血の繋がった両親だったはずなのに、自分はどちらにも似ていなかった。そればかりか、周囲からは『作り物みたいで怖い』と言われるのが常だった。  もちろんそれは過去の話で、今はもう気に病んでなどいない。何しろ今は、そんな「作り物みたいで怖い」顔を武器に商売をしている。  客からは「綺麗な顔」だと言われるが、自分では正直よく分からない。さんざん否定され続けてきたせいか、どうしても自分の顔を好きにはなれない。 ……だがそんなことは、今となってはどうでもいい。  もう何も求めていない。誰のことも否定はしない、でも受け入れることもしない。ただ息をして、いつか死ぬまで生きるだけ……自分は誰の心にも残らない、ただの「影」。  そうやって生きてきた。とにかく誰とも関わりたくなかったし、放っておいてほしかった。 『お前なんて……生まれて来なければよかったのに』 「……っ」  押し殺したような泣き声。真っ暗で何も見えない。背中には慣れたベッドの感触。他に人の気配はない。 ……泣いているのは「自分」だ。 「……くそッ」  強く髪を掻き毟ると、ブチブチと何本か抜けた音がした。 ……最悪な夢だ。  今さら誰に何を言われる筋合いもない。自分はすべてを捨てて生きてきた。もう自分がどうなろうと、誰にも迷惑なんてかからないはずだ。 ……なのにどうして、死んだ後までこんな夢を見なきゃならない?やっぱり地獄に落ちたのか……?  黒い幕に覆われたような闇の中で、やがて自分の呼吸音さえも、聞こえているのか、頭の中で響いているのか分からなくなっていく。   ……怖い。気が触れそうだ……。  背中にあるシーツの感触だけが、辛うじてシロを正気に繋ぎとめている。

ともだちにシェアしよう!